「 霧島フォーラム「狂この頃」 」 一覧

刺激と魅力:2002年7月号掲載分

  この号が出る頃にはワールドカップも決勝を終え、優勝国が決まっていることだろう(多分イタリアかなぁ・・・・)。ところでイングランド初戦の日、あるテレビ番組でイングランドのサポーターが、試合会場に到着

続きを見る

存在の証明:2002年6月号掲載分

  いまさら、ではあるが最近「生き方」というテーマが頭をよぎる時間がよくある。人はなぜ主義主張を繰り返し、上を目指し、生活に必要なもの以上のものを欲求するのか?正直、この年になるまでこんなこと考えたこ

続きを見る

倫理のデフレ:2002年5月号掲載

さて、今月も東京シリーズである。西新宿にある柏木公園の桜は、異例のスピードで開花し、翌日の暴風雨で瞬く間に散ってしまった。まさに現代を象徴する出来事だった。新製品は発売日から値下げされ、翌月にはマイ

続きを見る

ラーメンならば!:2002年4月号掲載

 東京シリーズも第三回となりやしたが、やはり「食」の充実度はすばらしいっス。 メシ時に「何食う?」で迷う、迷う。だって無いものは無いのだから。しかもうま い、安い、ときたもんだ。やはり激戦区はレベルが

続きを見る

便利さか?住み易さか?:2002年3月号掲載

  例によってトーキョーにいる今日この頃。それにしても、価値観の違いは凄まじい。まず家電は恐ろしく安い。メガネなんか涙がでるほど安い。つーか、何でも安い。凄い。ちなみに都城で¥45,000で買

続きを見る

日本人が相手なら日本語だろっ!:2002年2月号掲載

  新年あけましておめでとうございます。といっても皆さんのお目にかかる頃は月末でしょうけど・・。何はともあれ、今年もひとつよろしくお願い致します。  ところで新年早々、僕は東京にいる。勿論仕事だ。東京

続きを見る

日本初・日本一?:2002年1月号掲載

「世界初」とか「史上初」っていう表現も好きじゃないが、もっと考えてしまうのは「世界一」とか「日本一」ってゆーヤツ。例えばイチローでも、松坂でも宇多田ヒカルでもいい、彼らはけして「一番」ではなく、あ

続きを見る

恥自慢:2001年12月号掲載分

 先日、ある深夜番組で、郷土の星そのまんま東氏がゲストとして出演していたので、興味深く見ていた。話題が家庭の雰囲気になって、「あぁ、そーいや嫁はん、たしか加藤かずこだな」とか思いながら見てると、「会話

続きを見る

米同時多発テロ:2001年11月号掲載分

 数え切れないほどのコラムが出回っている「同時多発テロ」。報復に疑問を唱える人も少なくないが、疑問の後に代案が無いのはいつものことのようだ。理屈で言えばやはり戦争はよくない。「悪」であることは間違いな

続きを見る

子供の自由:2001年10月号掲載分

  平成に入り、もう12年がたった。人類は科学や医療、特にITに関しては目覚しい発展を遂げた。が、それらのもの以上に恐るべき発展を遂げたものがある。「子供の自由」である。ざっと挙げると、髪の毛を伸ばし

続きを見る

職業創出だ!:2001年9月号掲載分

 この原稿を書いてる時点では選挙の前なので結果は知る由もないが、とにかく行政が「雇用創出」を叫びだして久しい。しかし、雇用を増やすだけでいいのだろうか?安易な雇用増加は「需要と供給」のバランスを壊し、

続きを見る

あがってなんぼ2:2001年8月号掲載分

「自己満足と、他人から見た羨望の違い」ってことで先月は締めくくったのだが、何も羨望に限ったことでない。尊敬、戒め、感動・・とあげたらキリがないが、とにかく相手に与えたハズの心象と、現実に相手が受けた

続きを見る

あがってなんぼ:2001年7月号掲載分

 梅雨だな~などと思いながらふと気づくと、なんと通算33回目の連載だ。いってみよ!  「あがってなんぼ」とは麻雀やゴルフで使う言葉だが、つまり結果がなければその経過は意味がない、という意味だ。ゴルフで

続きを見る

デジタル・ディバイド:2001年6月号掲載分

筆者もインターネット業界に職を変えてからはや3ヶ月。世はやれ「IT」だ「eコマース」だと騒がしく、まさにその真っ只中に飛び込んだわけだが、それから痛感した事が多々ある。いやありすぎる。これまでも情報

続きを見る

邪馬台国(邪馬壹国)は都城だった!?:2001年4月号掲載分

何年ぶりかに"興奮"という感覚を覚えた。僕は最近、それにハマってしまっている。それは昨年の11月号でも紹介されていた「邪馬台国(邪馬壹国)は都城だった!」である。事務局長の福地さんとひょんなことから

続きを見る

表現の自由?:2001年3月号掲載

最近、表現の自由が論じられるケースが増えた。某局キャスターが徒党を組み、かたや倫理団体が民放各局に通達したりと慌しい。きっかけはビートたけし監督の「バトル・ロワイヤル」。暴力シーンや性描写が若者に悪

続きを見る

松井の年俸:2001年2月号掲載分

巨人・松井が5億である。イチローのメジャー行きによって、日本人最高となった。すごい世の中になったものだ。その昔、現・野球解説者の江夏豊氏が1000万円プレーヤーになった時、同じく現・解説者の落合博満

続きを見る

技術革新=雇用消滅!?:2001年1月号掲載分

いよいよである。21世紀である。子供の頃、「21世紀の夜明けは近い♪」(だったような・・)と盆踊りでよく聞いてたものだ。しかし、ついに来た。昨年の2000年問題やノストラダムスが拍車をかけたミレニア

続きを見る

コピー人間:2000年12月号掲載分

今月のピックアップアーティストで紹介するバンド誰にしよーかなー、と一生懸命考えたんすけど、今月該当者なしっス。いや、いないわけじゃないんだけどね、やっぱ誌上で紹介する以上は付け焼刃的なバンドや、活動

続きを見る

代替案を用意してから反対しよう。:2000年11月号掲載分

先月号の特集「怒っている事」を読破した。少年犯罪、ゴミ、税金・・・と大体共通していて、共鳴はするのだが、困るのはその矛先だ。その怒りをどこにぶつけるべきか?たどってたどってたどってみると大体自分に降

続きを見る

おすすめ

おすすめ


follow us in feedly
  •   
PAGE TOP ↑