日本初・日本一?:2002年1月号掲載

公開日: : 最終更新日:2014/05/14 霧島フォーラム「狂この頃」

「世界初」とか「史上初」っていう表現も好きじゃないが、もっと考えてしまうのは「世界一」とか「日本一」ってゆーヤツ。例えばイチローでも、松坂でも宇多田ヒカルでもいい、彼らはけして「一番」ではなく、あくまでその分野にトライした人の中で一番なのである。なぜこんなことにこだわるかと言うと、テレビでみたアフガンの「難民」の映像が起因している。「難民」はなにもアフガンに限ったわけではないが、とにかく我々日本人のように何にでもトライできる環境にいれる人とは違うのだ。UNHCRの認定した「援助対象者」は世界で約2,110万人(地球上の人口の284人にひとり)存在する。九州と四国をあわせても1,900万人だからそれ以上なのだ。彼らがもし、イチローのように幼少から野球環境にあって、プロを目指していたならイチロー以上の選手が何人いただろうか。これを読んでいるあなただってそうだ。例えばあなたが「小室哲也」や「つんく」と全く同じ人生を歩んでいたら?勿論人間だから個人差は出る。だからこそ、それ以上もそれ以下もいるわけで、あなたはもしかしたら一番だったかもしれないのだ。無論それを羨んだりやっかんだりするのはナンセンスだが、ともかく「世界一」とか「日本一」という表現はどうだろうか。「いーじゃん、別に」と聞こえてきそうだが、要するに「難民」のことを忘れて「自分は不幸だ」と嘆く恵まれた日本人達(自分も含めて)が、とっても哀れだ、と思う今日この頃なのであった。

おすすめ

関連記事

no image

技術革新=雇用消滅!?:2001年1月号掲載分

いよいよである。21世紀である。子供の頃、「21世紀の夜明けは近い♪」(だったような・・)と盆踊り

記事を読む

no image

刺激と魅力:2002年7月号掲載分

  この号が出る頃にはワールドカップも決勝を終え、優勝国が決まっていることだろう(多分イタリアかなぁ

記事を読む

no image

子供の自由:2001年10月号掲載分

  平成に入り、もう12年がたった。人類は科学や医療、特にITに関しては目覚しい発展を遂げた。が、そ

記事を読む

no image

日本語のすばらしさ:2000年3月号掲載分

 この号が出る頃には寒さも落ちつき、そろそろ春の陽気が出番を伺っているかな…と、思いつつ、ペンをとる

記事を読む

no image

オリジナルとコピー:2000年1月号掲載分

 世間はまさにミレニアム!と同時に新世紀へのカウントダウンもスタート。さて今月から筆者の友人である「

記事を読む

no image

デジタル・ディバイド:2001年6月号掲載分

筆者もインターネット業界に職を変えてからはや3ヶ月。世はやれ「IT」だ「eコマース」だと騒がしく、

記事を読む

no image

存在の証明:2002年6月号掲載分

  いまさら、ではあるが最近「生き方」というテーマが頭をよぎる時間がよくある。人はなぜ主義主張を繰り

記事を読む

no image

景気と職業とロック:99年8月号掲載分

 いや~、これが出る頃にはすでに7の月も過ぎちゃってノスちゃん残念でした、というわけで、いよいよアタ

記事を読む

no image

職業創出だ!:2001年9月号掲載分

 この原稿を書いてる時点では選挙の前なので結果は知る由もないが、とにかく行政が「雇用創出」を叫びだし

記事を読む

no image

ラーメンならば!:2002年4月号掲載

 東京シリーズも第三回となりやしたが、やはり「食」の充実度はすばらしいっス。 メシ時に「何食う?」で

記事を読む

おすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

おすすめ


follow us in feedly
  •   
PAGE TOP ↑