日本初・日本一?:2002年1月号掲載

公開日: : 最終更新日:2014/05/14 霧島フォーラム「狂この頃」

「世界初」とか「史上初」っていう表現も好きじゃないが、もっと考えてしまうのは「世界一」とか「日本一」ってゆーヤツ。例えばイチローでも、松坂でも宇多田ヒカルでもいい、彼らはけして「一番」ではなく、あくまでその分野にトライした人の中で一番なのである。なぜこんなことにこだわるかと言うと、テレビでみたアフガンの「難民」の映像が起因している。「難民」はなにもアフガンに限ったわけではないが、とにかく我々日本人のように何にでもトライできる環境にいれる人とは違うのだ。UNHCRの認定した「援助対象者」は世界で約2,110万人(地球上の人口の284人にひとり)存在する。九州と四国をあわせても1,900万人だからそれ以上なのだ。彼らがもし、イチローのように幼少から野球環境にあって、プロを目指していたならイチロー以上の選手が何人いただろうか。これを読んでいるあなただってそうだ。例えばあなたが「小室哲也」や「つんく」と全く同じ人生を歩んでいたら?勿論人間だから個人差は出る。だからこそ、それ以上もそれ以下もいるわけで、あなたはもしかしたら一番だったかもしれないのだ。無論それを羨んだりやっかんだりするのはナンセンスだが、ともかく「世界一」とか「日本一」という表現はどうだろうか。「いーじゃん、別に」と聞こえてきそうだが、要するに「難民」のことを忘れて「自分は不幸だ」と嘆く恵まれた日本人達(自分も含めて)が、とっても哀れだ、と思う今日この頃なのであった。

関連記事

no image

米同時多発テロ:2001年11月号掲載分

 数え切れないほどのコラムが出回っている「同時多発テロ」。報復に疑問を唱える人も少なくないが、疑問の

記事を読む

no image

技術革新=雇用消滅!?:2001年1月号掲載分

いよいよである。21世紀である。子供の頃、「21世紀の夜明けは近い♪」(だったような・・)と盆踊り

記事を読む

no image

椎名林檎:2000年6月号掲載分

 さあ、梅雨ですね。じめじめじめじめじめ・・・・・。元気出していこう!今月は久しぶりにマジメにJPO

記事を読む

no image

表現の自由?:2001年3月号掲載

最近、表現の自由が論じられるケースが増えた。某局キャスターが徒党を組み、かたや倫理団体が民放各局に

記事を読む

no image

「愛」は「探す、もらう」ではなく「作る、 育てる」:2000年5月号掲載分

 さてさて、いよいよGWです。黄金週間、お父様は家族サービス、彼氏は彼女にスペシャルなウィークを提供

記事を読む

no image

景気と職業とロック:99年8月号掲載分

 いや~、これが出る頃にはすでに7の月も過ぎちゃってノスちゃん残念でした、というわけで、いよいよアタ

記事を読む

no image

職業創出だ!:2001年9月号掲載分

 この原稿を書いてる時点では選挙の前なので結果は知る由もないが、とにかく行政が「雇用創出」を叫びだし

記事を読む

no image

コピー人間:2000年12月号掲載分

今月のピックアップアーティストで紹介するバンド誰にしよーかなー、と一生懸命考えたんすけど、今月該当

記事を読む

no image

オリジナルとコピー:2000年1月号掲載分

 世間はまさにミレニアム!と同時に新世紀へのカウントダウンもスタート。さて今月から筆者の友人である「

記事を読む

no image

宮崎のミュージック・シーン:99年12月号掲載分

 2000年へのカウントダウンにも拍車がかかり、筆者の周囲もなにかとあわただしくなってきた。先月号の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


follow us in feedly
PAGE TOP ↑