日本人が相手なら日本語だろっ!:2002年2月号掲載

公開日: : 最終更新日:2014/05/14 霧島フォーラム「狂この頃」

  新年あけましておめでとうございます。といっても皆さんのお目にかかる頃は月末でしょうけど・・。何はともあれ、今年もひとつよろしくお願い致します。

 ところで新年早々、僕は東京にいる。勿論仕事だ。東京は何度も来ているが、言葉の違和感は否めない。やはり都城弁のままでは相手に全く通じない。中央の人にとっては津軽弁よりもキツいらしい。それでいわゆる標準語で対応する。僕は関東も関西も居住した経験があったので、方言もイントネーションも問題なく対応できる自信があったのだが、思わぬ障害があったのだ。それは関西人の存在である。関西の人は東京に来たからといって標準語に変えることはほとんどしない。だから関西弁のままなのだ。しかもキャラの濃いのが2~3人もいると、そっちが基準になってしまうのだ。だからといって関西弁になるのではなく、メチャクチャにミックスされたしゃべりになってしまうのだ。僕の場合、博多や静岡にいたこともあったり、さらに元々の都城弁もチラつき、自分でもパニクってしまう有様だ。

 それにしても「大多数」に合わせるのは世の常だが、外国人は日本に来て日本語に合わせない。だが日本人は外国、特に英語圏に行くと合わせる。関西人が都城弁に合わせなくても通じるからいいが、国が違うとわからない。

 何故日本人は横文字にすがるのだろう。例えば今手元にある某缶コーヒー「ジョー○ア」はでかでかと横文字だ。外国人から見れば、自分の国の言語があふれているわけだ。それってどーなんだ!まいっか!

関連記事

no image

倫理のデフレ:2002年5月号掲載

さて、今月も東京シリーズである。西新宿にある柏木公園の桜は、異例のスピードで開花し、翌日の暴風雨で

記事を読む

no image

「愛」は「探す、もらう」ではなく「作る、 育てる」:2000年5月号掲載分

 さてさて、いよいよGWです。黄金週間、お父様は家族サービス、彼氏は彼女にスペシャルなウィークを提供

記事を読む

no image

技術革新=雇用消滅!?:2001年1月号掲載分

いよいよである。21世紀である。子供の頃、「21世紀の夜明けは近い♪」(だったような・・)と盆踊り

記事を読む

no image

刺激と魅力:2002年7月号掲載分

  この号が出る頃にはワールドカップも決勝を終え、優勝国が決まっていることだろう(多分イタリアかなぁ

記事を読む

no image

松井の年俸:2001年2月号掲載分

巨人・松井が5億である。イチローのメジャー行きによって、日本人最高となった。すごい世の中になったも

記事を読む

no image

個性:99年11月号掲載分

 毎月〆切りがせまった頃に「やべっ」と慌てるのだが、今回はすでにキーボードに手が乗っている。なのに、

記事を読む

no image

オリジナルとコピー:2000年1月号掲載分

 世間はまさにミレニアム!と同時に新世紀へのカウントダウンもスタート。さて今月から筆者の友人である「

記事を読む

no image

子供の自由:2001年10月号掲載分

  平成に入り、もう12年がたった。人類は科学や医療、特にITに関しては目覚しい発展を遂げた。が、そ

記事を読む

no image

日本初・日本一?:2002年1月号掲載

「世界初」とか「史上初」っていう表現も好きじゃないが、もっと考えてしまうのは「世界一」とか「日本

記事を読む

no image

恥自慢:2001年12月号掲載分

 先日、ある深夜番組で、郷土の星そのまんま東氏がゲストとして出演していたので、興味深く見ていた。話題

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


follow us in feedly
PAGE TOP ↑