邪馬台国(邪馬壹国)は都城だった!?:2001年4月号掲載分

公開日: : 最終更新日:2014/05/14 霧島フォーラム「狂この頃」

何年ぶりかに”興奮”という感覚を覚えた。僕は最近、それにハマってしまっている。それは昨年の11月号でも紹介されていた「邪馬台国(邪馬壹国)は都城だった!」である。事務局長の福地さんとひょんなことから親交が始まり、いまでは渦中の論文はもとより、魏志倭人伝、記紀も読み漁るほどである。勿論プロジェクトメンバーに入れてもらった。これまで、畿内説(奈良県周辺)、北九州説が賑わせてきたが、これが地元・都城となると黙ってられない。デジタルな時代になんともアナログで、そしてこれほどロマンを駆り立ててくれる話題は久しくなかった。論文の出版に先立って読ませていただいたが、多少の贔屓目があるにしろ、完璧!と思ってしまうのだ。なにしろ、日本の古代史がひっくり返ってしまうようなことが、自分の住んでいる所で解明されようとしているのだから。その鳥肌が立つようなロマンを少し紹介しよう。 まず、身近に日本地図、できれば朝鮮半島まで載ってるヤツを広げて頂きたい。まず、「魏志倭人伝」で倭国(日本)にいく為のルートで起点とされている 楽浪郡(今のピョンヤン)に印をつける。次の中継点は帯包郡 (今のソウル)、次が狗邪韓国(鎮海市)、対海国(対馬)、支国(壱岐)、末盧国(北松浦郡)、普賢岳・国見山(島原)、鏡山(人吉)、霧島高千穂の峰山頂、鳥見山(通称トンビが丘)、串間市今町。これらは全て神話や古代にまつわる重要な地点であるが、つけていただいた印に沿って定規を置いてみて頂きたい・・・・・・・。いかがだろうか?これが偶然といえるだろーか?これはホンの一部。鳥肌モンの偶然がこの何十倍もあるのだ。日本中、いや世界中が震撼する日はもうスグソコだ。

関連記事

no image

個性:99年11月号掲載分

 毎月〆切りがせまった頃に「やべっ」と慌てるのだが、今回はすでにキーボードに手が乗っている。なのに、

記事を読む

no image

倫理のデフレ:2002年5月号掲載

さて、今月も東京シリーズである。西新宿にある柏木公園の桜は、異例のスピードで開花し、翌日の暴風雨で

記事を読む

no image

存在の証明:2002年6月号掲載分

  いまさら、ではあるが最近「生き方」というテーマが頭をよぎる時間がよくある。人はなぜ主義主張を繰り

記事を読む

no image

ジャンル:99年5月分掲載分

 みなさーん、五月病の具合はいかがですかー(^^;)。私は健康優良痔なので金欠病と恋のヤマイ以外はあ

記事を読む

no image

日本初・日本一?:2002年1月号掲載

「世界初」とか「史上初」っていう表現も好きじゃないが、もっと考えてしまうのは「世界一」とか「日本

記事を読む

no image

松井の年俸:2001年2月号掲載分

巨人・松井が5億である。イチローのメジャー行きによって、日本人最高となった。すごい世の中になったも

記事を読む

no image

刺激と魅力:2002年7月号掲載分

  この号が出る頃にはワールドカップも決勝を終え、優勝国が決まっていることだろう(多分イタリアかなぁ

記事を読む

no image

代償がなければ恋ではない:2000年4月号掲載分

 フレッシュマンという言葉が聞こえてくる季節になりました。別れが終わったかと思うと今度は出会い。出会

記事を読む

no image

代替案を用意してから反対しよう。:2000年11月号掲載分

先月号の特集「怒っている事」を読破した。少年犯罪、ゴミ、税金・・・と大体共通していて、共鳴はするの

記事を読む

no image

あがってなんぼ:2001年7月号掲載分

 梅雨だな~などと思いながらふと気づくと、なんと通算33回目の連載だ。いってみよ!  「あがってなん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


follow us in feedly
PAGE TOP ↑