誰に投票すればいいのかがわかるシリーズ2

公開日: : 最終更新日:2015/03/15 ブログ, 社会問題, 都城愛

今のところ立候補予定者は7人のようで、現職のうち中村氏を除く5名、元職の満行氏、元市議で先頃の衆院選にも出馬された来住氏で、このうち6名が当選することになりそうです。

まずは基本的なデータから。ちなみに並びは50音順(敬称略)です。

image

ここでわかるのは、所属党、年齢、当選回数です。それにしても年齢層高いですね。なんと40代は一人もいないんだな、とあらためて驚きます。30代1名、50代1名、60代3名、70代2名。

ちなみに定数12の宮崎市は、前回開票時には、20代1名、30代1名、40代2名、50代3名、60代4名、70代1名、とバランスが幾分取れている気がします。しかもこのうち5名が初当選だったのです。

まぁ年齢についてはそれぞれの考え方があると思います。若さが必要だという見方、いやいややはり年の功だろう、という見方。

(※2015/3/12追記:一部「高齢候補」を揶揄している、という類の声を頂きましたが、そのような意図はまったくなく、バランスの重要性を訴えております。)

次に党派ですが、やはりある程度のバランスがないと、議会そのもの、というか議論自体が成立しづらくなりますから、そういう見方もあってもいいのかな、と思います。そもそも二元代表制とはいえ、首長派が多数を占めると意味を失いかねませんからね。現在は39人中23名が自民党ですから、圧倒的です。

さて、これだけでは何の目安にもならないと思います。次は、実際の活動を見て行こうと思うのですが、実はネットでは限界があります。たとえば7名のうちホームページをお持ちの方は2名(山下氏、満行氏)しかおられず、その2名もまったく更新が途切れているので参考になりません。1名(来住氏)ブログがあったらしき痕跡はあるのですが閉鎖されていました。

SNSはどうかと探してみましたが、まずツイッターは1名(来住氏)おられましたが更新なし。Facebookは3名(二見氏、満行氏、来住氏)が開設されていますが、更新がマメなのは前半の2名のみでした。(下表は敬称略しております。)

0004

いやはや、保守王国とはいえ、いったいどうやって活動をアピールしているのでしょうか。支持者だけに配る紙通信だけなんでしょうか?

先日も某都城市議とお話をした際に、ホームページやブログ、SNSについてお伺いしたところ、「いやぁ、この年になるととてもとても・・・」とのことで、ITについてはできれば関わりたくないという思いが十分に伝わってきました。

しかし、これでは候補者のことを知りたくても、なんにもわからないですねぇ。

「苦手」なのはわかりますが、いまやIT業界は農業の4倍の人口(もっとも全国的な数字ですが)をかかえ、利用者にいたっては子供から大人まで満遍なくお世話になっているわけですから、そういうことに疎いようでは、市民の代弁をお任せするのはいささか不安な気もします。

まぁSNSやブログについては、なかなか更新も大変でしょうし、そこは同情の余地があるのですが、活動の報告や、現在の政策について、随時書いていくくらいのことはやはりやるべきでしょう。

なにも自分でやらなくとも、やってくれる人は支持者の中にもいくらでもいるはずですし。まぁちゃんとお金払って業者に頼む手だってありますから。

最低でも任期におけるマニフェスト、議会での発言記録、その他の活動報告くらいは作ってほしいものです。

次回は議会での発言回数などを見てみたいと思います。

 

おすすめ

関連記事

no image

やっとゆっくり

おめれとす。 昨日は9月から準備してきた同窓会でしたす。マジ大変でしたす、パンフの素材やら、映

記事を読む

no image

自分にご褒美

記事を読む

no image

2/3

記事を読む

no image

海外移住シリーズ03

今日は大気汚染の方向から考えてみる。 むかし、そうたしか23の頃、初めて陸路で東京に向かって、

記事を読む

no image

許すまじ

がー!今帰宅したーす。 いろんな意味で大変な一日ですた。 都北の現場往復~山田でプレゼン

記事を読む

no image

欲しいトイレ、嫌なトイレ、修正版。

どーなんやろ、このトイレ。面白いっちゃ面白いし話題にもなるやろなぁ。 いや怖い

記事を読む

12772558425_58fa6ffc5f_o

なんでわざわざ市街地を活性しなきゃいかんの?って話

 昨日の記事が割りと反響あったので、関連記事をば。  以前「都城の顔とは?」という記事で、中心

記事を読む

no image

フライドプライドしびれたよー!

 ついに、ついに押尾コータローに「世界一」と言わせた横田明紀男をマジカで見ました。イメージどおり、で

記事を読む

no image

デス・プルーフ in グラインドハウス

なんというか、ボクがみたこれまでの映画の中でも片手に入る作品かもしれない。勿論グラインドハウス(B級

記事を読む

no image

■相撲は国技というが・・・

大相撲秋場所千秋楽は、朝青龍が優勝決定戦で白鵬を下し、24度目の優勝を果たした。おめでとス。

記事を読む

おすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

おすすめ


follow us in feedly
  •   
PAGE TOP ↑