刺激と魅力:2002年7月号掲載分

公開日: : 最終更新日:2014/05/14 霧島フォーラム「狂この頃」

  この号が出る頃にはワールドカップも決勝を終え、優勝国が決まっていることだろう(多分イタリアかなぁ・・・・)。ところでイングランド初戦の日、あるテレビ番組でイングランドのサポーターが、試合会場に到着するまでを追いかけた映像が流れていた。新宿駅を中心に複雑な幹線図に戸惑いながらも、なんとか1時間かけて到着するのだが、実際は10分でいけるコースなのだ。勿論それを追いかけているカメラマンもディレクターも日本人なわけで、教えてあげればいいものを・・と思うのだが、それではネタにならない。いわゆる「ヤラセ」ではないが、どーも好きになれない。 「売れるものならなんでも売る」のは、商魂的にはたくましいが、人間的にどーなんだ?と疑うの筆者だけではなかろう。とくに擬似恋愛的な番組が始まると絶対チャンネルを変えたくなる。見る方も見る方だ。何が楽しくて見ているのか、一度聞いてみたい。今をときめくスターの出演するドラマもそうだ。わざわざモメる方向にストーリーを持っていく。彼女のいる青年Aが、たまたま別な女性と会う約束をして、そこから誤解が生じてストーリーが佳境に入っていくパターンには、いい加減アキアキしている。 要は刺激の作れない若年層が、それを代弁してくれるドラマやバラエティに憧れを持つ習性を利用した巧妙な戦略、と言ってしまえばそれまでだが・・・・。 ある女性ファション誌の見出しに「魅力のないヤツがブランド品の力を借りる」と書いてあったが、まさにその通りで、刺激を自分で作れないヤツが疑似体験を欲しがるのと似ている。 ま、そんなヤツラはほっといて、読者のみなさん、ボクらは自分で作った魅力と刺激で楽しく生きていきましょう!

おすすめ

関連記事

no image

「愛」は「探す、もらう」ではなく「作る、 育てる」:2000年5月号掲載分

 さてさて、いよいよGWです。黄金週間、お父様は家族サービス、彼氏は彼女にスペシャルなウィークを提供

記事を読む

no image

表現の自由?:2001年3月号掲載

最近、表現の自由が論じられるケースが増えた。某局キャスターが徒党を組み、かたや倫理団体が民放各局に

記事を読む

no image

恥自慢:2001年12月号掲載分

 先日、ある深夜番組で、郷土の星そのまんま東氏がゲストとして出演していたので、興味深く見ていた。話題

記事を読む

no image

日本初・日本一?:2002年1月号掲載

「世界初」とか「史上初」っていう表現も好きじゃないが、もっと考えてしまうのは「世界一」とか「日本

記事を読む

no image

米同時多発テロ:2001年11月号掲載分

 数え切れないほどのコラムが出回っている「同時多発テロ」。報復に疑問を唱える人も少なくないが、疑問の

記事を読む

no image

あがってなんぼ:2001年7月号掲載分

 梅雨だな~などと思いながらふと気づくと、なんと通算33回目の連載だ。いってみよ!  「あがってなん

記事を読む

no image

オリジナルとコピー:2000年1月号掲載分

 世間はまさにミレニアム!と同時に新世紀へのカウントダウンもスタート。さて今月から筆者の友人である「

記事を読む

no image

存在の証明:2002年6月号掲載分

  いまさら、ではあるが最近「生き方」というテーマが頭をよぎる時間がよくある。人はなぜ主義主張を繰り

記事を読む

no image

デジタル・ディバイド:2001年6月号掲載分

筆者もインターネット業界に職を変えてからはや3ヶ月。世はやれ「IT」だ「eコマース」だと騒がしく、

記事を読む

no image

松井の年俸:2001年2月号掲載分

巨人・松井が5億である。イチローのメジャー行きによって、日本人最高となった。すごい世の中になったも

記事を読む

おすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

おすすめ


follow us in feedly
  •   
PAGE TOP ↑