職業創出だ!:2001年9月号掲載分

公開日: : 最終更新日:2014/05/14 霧島フォーラム「狂この頃」

 この原稿を書いてる時点では選挙の前なので結果は知る由もないが、とにかく行政が「雇用創出」を叫びだして久しい。しかし、雇用を増やすだけでいいのだろうか?安易な雇用増加は「需要と供給」のバランスを壊し、供給が過多になると結局はリストラせざるを得ない。ということは「雇用創出」はその場しのぎの施策でしかない、と言われかねない。行政がどれほど具体的に動いているかは定かでないが、「雇用創出」の助成金制度はあるようだ。

 だが、今最も急がれるのは「職業創出」ではないだろうか。しかも抜本的なヤツ。そこで無理を承知で提案したい。題して「KYOの職業創出2001」!そのまんまか・・・。

 ともかく、供給を増やす前に需要を増やしても埒があかない。行政の考えることは「景気回復」→「消費拡大」の図式だが、目の向けどころを変えてみよう。

 まず、受刑者の受け入れ態勢を整備拡大する。次に「告発」、いわゆる「チクリ」に賞金を出す。特に官僚や企業の癒着は高額配当。先の沖縄サミットで明らかになった外務省の一件などは件のハイヤー会社が対象になる。

さらに少年法も見直し、青少年の非行犯罪撲滅にも力を入れる。近頃は幼児虐待も多いのでその分野でも監視体制を強化する。

 ここで新たな職業がいくつか生まれる。まず「告発管理センター」である。「告発」するほうはいわゆる「お礼参り」が恐いのでそのケアをする「保護システム」の整備。運営は国が望ましいと思うが、ベンチャー企業にさせてもおもしろい。勿論賞金を出すのは国なので、新たな歳出が増えるわけだが、この施策により、税金の無駄遣いが減れば問題ない。てゆーか、かなり減る。「兆」単位で。

 さて、これは一例に過ぎない。そこでこの際、「職業創出研究会」でも発足するか・・・。

関連記事

no image

刺激と魅力:2002年7月号掲載分

  この号が出る頃にはワールドカップも決勝を終え、優勝国が決まっていることだろう(多分イタリアかなぁ

記事を読む

no image

コピー人間:2000年12月号掲載分

今月のピックアップアーティストで紹介するバンド誰にしよーかなー、と一生懸命考えたんすけど、今月該当

記事を読む

no image

邪馬台国(邪馬壹国)は都城だった!?:2001年4月号掲載分

何年ぶりかに"興奮"という感覚を覚えた。僕は最近、それにハマってしまっている。それは昨年の11月号

記事を読む

no image

便利さか?住み易さか?:2002年3月号掲載

  例によってトーキョーにいる今日この頃。それにしても、価値観の違いは凄まじい。まず家電は恐ろしく安

記事を読む

no image

日本初・日本一?:2002年1月号掲載

「世界初」とか「史上初」っていう表現も好きじゃないが、もっと考えてしまうのは「世界一」とか「日本

記事を読む

no image

代償がなければ恋ではない:2000年4月号掲載分

 フレッシュマンという言葉が聞こえてくる季節になりました。別れが終わったかと思うと今度は出会い。出会

記事を読む

no image

ヒット曲とは:99年10月号掲載分

 さて、10月である。オクトーバーである。陰暦でいう神無月。神さえも無いというのだろうか。そう、B

記事を読む

no image

ミュージック万歳!!:99年7月号掲載分

 いやー、ジメジメした季節も終わりを告げ(たはず?)、いよいよ7の月!!ノストラダムスさん、ごめんな

記事を読む

no image

21世紀を前向きに斬る!!」:99年4月号掲載分

 年度末を迎え、新入学・新就職とフレッシュな季節となり(なんだかフツーの書き出しだなー)、五月病の発

記事を読む

no image

日本人が相手なら日本語だろっ!:2002年2月号掲載

  新年あけましておめでとうございます。といっても皆さんのお目にかかる頃は月末でしょうけど・・。何は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


follow us in feedly
PAGE TOP ↑