あがってなんぼ2:2001年8月号掲載分

公開日: : 最終更新日:2014/05/14 霧島フォーラム「狂この頃」

「自己満足と、他人から見た羨望の違い」ってことで先月は締めくくったのだが、何も羨望に限ったことでない。尊敬、戒め、感動・・とあげたらキリがないが、とにかく相手に与えたハズの心象と、現実に相手が受けた心象の違いは、あらゆる生活の場面で重要性を持つ。

 先日ある学校の授業で、先生いわく「よくテレビで手首を切って自殺するシーンがあるが、人間あの程度では死なない。確実に死ぬならこんな方法がある・・・」といったような発言をしたらしい。この先生がどんな処遇にあったかは定かでないが、とにかくその周辺は騒然となり、ニュースでもかなりの時間をとって報道された。時期的に大阪の児童殺傷事件の前後ということもあり、多少過敏になってはいただろうが、それにしても教師の発言でそこまで騒ぐのか?というのが正直な実感だ。なぜなら自分がまさに児童だった頃など、先生の発言は過激極まりなかった。言葉だけでなく愛のムチ(今は体罰と言うらしい)もハンパなものではなかった。しかし、それはむしろ当然だったし、違和感もなかった。ま、時代が違うと言えばそれまでだが、ならば現代の話をしよう。

先々月号だったか、「バトル・ロワイヤル」の話題に触れ、視聴者への影響について書いたが、教師の発言は悪くて、マンガや映画はいいというのは解せない。「リアリティが違う」などと聞こえてきそうだが、ではマンガや映画を見ている方は「リアリティ」を感じずに見ているだろうか?であるとすれば相当つまらないものであるはずだ。例えば「悪書追放」だとか「暴力シーン」排除など、ほとんどが市民団体が動いているのが現状で、行政におもだった動きはない、というかできない。であれば、やはり教育の中で「受け取り方」を教えていくしかない

関連記事

no image

コピー人間:2000年12月号掲載分

今月のピックアップアーティストで紹介するバンド誰にしよーかなー、と一生懸命考えたんすけど、今月該当

記事を読む

no image

恥自慢:2001年12月号掲載分

 先日、ある深夜番組で、郷土の星そのまんま東氏がゲストとして出演していたので、興味深く見ていた。話題

記事を読む

no image

デジタル・ディバイド:2001年6月号掲載分

筆者もインターネット業界に職を変えてからはや3ヶ月。世はやれ「IT」だ「eコマース」だと騒がしく、

記事を読む

no image

ラーメンならば!:2002年4月号掲載

 東京シリーズも第三回となりやしたが、やはり「食」の充実度はすばらしいっス。 メシ時に「何食う?」で

記事を読む

no image

オリジナルとコピー:2000年1月号掲載分

 世間はまさにミレニアム!と同時に新世紀へのカウントダウンもスタート。さて今月から筆者の友人である「

記事を読む

no image

個性:99年11月号掲載分

 毎月〆切りがせまった頃に「やべっ」と慌てるのだが、今回はすでにキーボードに手が乗っている。なのに、

記事を読む

no image

日本語のすばらしさ:2000年3月号掲載分

 この号が出る頃には寒さも落ちつき、そろそろ春の陽気が出番を伺っているかな…と、思いつつ、ペンをとる

記事を読む

no image

存在の証明:2002年6月号掲載分

  いまさら、ではあるが最近「生き方」というテーマが頭をよぎる時間がよくある。人はなぜ主義主張を繰り

記事を読む

no image

邪馬台国(邪馬壹国)は都城だった!?:2001年4月号掲載分

何年ぶりかに"興奮"という感覚を覚えた。僕は最近、それにハマってしまっている。それは昨年の11月号

記事を読む

no image

ヒット曲とは:99年10月号掲載分

 さて、10月である。オクトーバーである。陰暦でいう神無月。神さえも無いというのだろうか。そう、B

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


follow us in feedly
PAGE TOP ↑