尽くしてくれる人

公開日: : ブログ, 社会問題

予想以上でも予想以下でもなかった参院選。バカ正直に今回も投票に行った。
そのたびにやれやれ、と意味のなさを痛感し、気が付けば半世紀。選挙権を得てから32年。
国民の声、とか国民の意思、とかいうけど、ろくにモノを知らんのが入れた票で何が「声」だ?と・・・。

なら行かなきゃいいのに。権利であって義務じゃない。行かなかったからといって黙っていれば誰にもわからない。
そう行かなきゃいいのに。
なぜ行くのだろう?バカバカしい・・・と、終わった後は思うのに、いつも近づくと得体の知れない期待感を持つのだ。

実は人間、そんなに捨てたモンじゃないのかもしれない・・・と思ってしまうのだ。

今日も危うくフェイスブックで論争をしてしまうところだった。いや本来は論争は嫌いでない。それなりに知識もあるつもりだし、まぁ負けることはありえない。

ただその相手を負かしたところで、なんになる?と自問してアホくさくなってやめた。

改憲を推進して何が悪い?増税、TPP、安保を支持して何が悪い?と叫ぶ。

若い人にリテラシーがないとは思わない。今の大人よりずいぶんマシだろう。

だけど、リテラシーと同時に必要なのは、「人間」という生き物が、5手先、6手先にどうなっていくか、これだけはやっぱりわからないのかも知れない。

年をとるっていうのは、ただ単に無駄に過ごしてきたわけじゃない。

たくさんの人を騙し、騙され、たくさんの人を裏切り、裏切られ、たくさんの人を傷付け、傷つけられ、数え切れない悔し涙、嬉し涙、悲しい涙を流し、そんな中で「人間」という生き物を観察してきたのだ。裕福や貧困を経験し、罪を犯したり善行をしたり、無謀なことをしたり臆病になったり、病気に悩まされたり親しい人を亡くしたり、汗水たらして働いたり怠けたり・・・。

image

もっとも、いい年をした大人ですら、利己的な理由でしか投票しない。

政党政治を否定するつもりはない。だけど偏向すると議論が尽くされないのだ。

議論は「尽くされる」べきなのだ。そして「尽くしてくれる人を選ぶ」のが選挙なのだ。

本来、「尽くしてくれる人」は、日夜勉強をし、分析をし、そして議論をしていかなければならない。だから報酬は多くてもいいと思う。

でも現実は違う。「尽くしてくれるはずの人」は、その理想にかけ離れた人が多い。

そして「尽くしてくれる人を選ぶ人」も、たいていはろくに候補者を検証したりはしない。

つまり「選挙」も「議会」も機能していないのだ。

そんな議会に何を期待して、選挙に行くのだろう。もういい加減、次からちゃんと考えよう。

おすすめ

関連記事

no image

スポーツの冬

あー、ボクってぇ、体育会系のイメージがあるかどーかわかりませんがぁ、 学生時代に一体、何やって

記事を読む

no image

iPhoneからアップロード

iPhoneからブログが書けるんならそりゃ楽だな…と思い、さっそくテス ト。

記事を読む

image

消滅する旧4町?01

-2040年までに自治体の半分が「消滅」する。- 「日本創成会議」の推計が波紋を呼んでますが、

記事を読む

no image

どこがいいの?

こーゆーのの、どこがいいの?と聞かれたことがある。 こーゆーの、というのは「ヘビメタ」のことだ

記事を読む

no image

no title

記事を読む

no image

10@27

記事を読む

no image

馬。

 宮大の厩舎。馬である。

記事を読む

no image

無償の愛

 4月6日に、森進一との確執で話題になった川内康範氏が亡くなったが、川内氏は「無償の愛」を常々掲げ

記事を読む

no image

鳥にまでナメられてる・・・?

記事を読む

no image

■鉛筆だけで写真のような絵を描く凄い人

ご存知、故ダイアナ妃。ですがこれ、写真じゃなく、なんと「鉛筆だけ」で書いた肖像画なんですと。

記事を読む

おすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

おすすめ


follow us in feedly
  •   
PAGE TOP ↑