神々の時代、「都」はどこにあったのか・・・シリーズ04

公開日: : 最終更新日:2014/10/03 謎を追え!, 都城愛

 神話が創作であるかどうかは置いといて、神武天皇の墓「神武天皇稜」は奈良県橿原市とされていますが、45歳の時にいわゆる「東征」にでかけ、もうひとつの「天孫降臨」のニギハヤヒ(ニニギの兄であるという一説も)を討ちに行くまでは高千穂にいたとされています。

つまり、「東征」以前、当時の「王」が神武だとすると、王国は宮崎県にあったことになります。

さて、「東征」以降、歴代の天皇は奈良県に皇居を構えるわけですが、それ以前はどうだったんでしょうか。

まず神武の父、ウガヤフキアエズのお墓「吾平山上陵」は鹿児島県鹿屋市に治定されてます。ボクも二度ほど行ったことがありますが、とても厳粛な雰囲気があります。

さらにその父、ホオリ(別名山幸彦)のお墓「高屋山上陵」は鹿児島県霧島市と治定されてます。そのまた父のニニギ(天孫降臨)のお墓「可愛山陵」は鹿児島県薩摩川内市に治定されてます。

「記紀」によれば、天孫降臨以来179万2477年にわたって南九州が「お国」だったというわけです。

さてちょいと豆情報ですが、「高屋山上陵」と「可愛山陵」は、偶然にも「緯線」が完全に一致しています。さらに「吾平山上陵」は神武が東征時に発ったとされる高千穂の峰と、今度は「経線」が一致しているんです。

 さらに付け加えると、ニニギの奥様で有名なコノハナサクヤ姫の木花神社も同緯線上にあります。そして、この緯線と経線が交差するところには、吉之元町にある「荒武神社」があります。いずれもボクが自分で調査してきたものです。ちなみに荒武神社は、霧島山の噴火で飛んで行った「天の逆鉾」(現在残っているものはレプリカ)が落下したところだといわれており、一旦島津家に献上され再び荒武神社に奉納されたのですが、その後様々な人手を転々と渡って行方不明となっているんだそうです。

「記紀」を信用するならば、当時(神々の時代)の「都」はこの地図内のどこかであることは間違いないんじゃないのかな、と思うわけです。

さらに地形からして薩摩半島は考えにくいし、当時の先進国があった朝鮮半島との国交を考えると東側も考えにくいな、と思うわけです。さらに霊峰「霧島」を信仰の対象としていたとすれば、その麓に都を構えるのが自然だろう、とも思います。

次回以降、徐々に絞って行きたいと思います。

あまりに度が過ぎた、PRにならないPRがまかり通ろうとしている話。都シリーズ01

ボクたちは学校でウソを習ってきたんだよ。都シリーズ02

記紀編纂1300年に申し訳ないんですが、神話のウソを暴きたいな、と・・・シリーズ03

神々の時代、「都」はどこにあったのか・・・シリーズ04

日本の創世記、都はどこだったかシリーズ05

日本の「都」はどこか、シリーズ06

日本の「元祖・都」シリーズ07

 

おすすめ

関連記事

no image

グレイト・スポット

さて本日はちょっと出かけてきました。高千穂の秋元神社に行って参ったです。まぁ昨今のパワースポットブー

記事を読む

12905078585_520bb6821d_o

あまりに度が過ぎた、PRにならないPRがまかり通ろうとしている話。都シリーズ01

 本日も都城市平成26年度当初予算案特色のある主な事業を検証します。 先日、「都城をどんどんP

記事を読む

no image

太陽系自体が温暖化?

  最近、惑星から準惑星に格下げされた冥王星は、すでに2003年あたりから温暖化が始まって

記事を読む

no image

けったびら・・・ち?

2:40です、デンマーク戦に備えて早く寝てた僕です(しゅんちゃん風)。 はい、ではテキスト開い

記事を読む

no image

海外移住シリーズ05

2/22のニュージーランドの地震の2日前、ニュージーランドスチュアート島にゴンドウクジラ107頭が座

記事を読む

r-WALKINGOLDMAN-large570

自由に仕事を選べる時代はそろそろ終わりますよ。

 都城市(に限らず)の少子高齢化問題を何度か取り上げているんですが、その対策として「難民受け入れ」を

記事を読む

すまいるミーティング参加率

某公民館疑惑vol.3(今の時代の公民館のあり方)

 進捗があったわけではないのですが、今日フェイスブックで公民館のあり方について書かれた記事があり、運

記事を読む

b1ccc99a

真実を話すことが批判される世の中、マジでウザい。

 先日、フェイスブックである記事が目を引いたのだけども、読むと長くなりそうだったのでブックマーク替わ

記事を読む

no image

試練の宮崎県

 約130日間、更新しませんでした。復活の日が9.11というのもなんだかなぁ。でその間、世の中色々あ

記事を読む

スライド3

提案書の解説

先日の記事(市役所に提案してきました。)の解説を書きます。 そもそもなぜPRするのか。言うまで

記事を読む

おすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

おすすめ


follow us in feedly
  •   
PAGE TOP ↑