日本の「都」はどこか、シリーズ06

公開日: : 最終更新日:2014/10/03 謎を追え!, 都城愛

 神武以前、都はどこにあったかを検証しています。前回までで、「小林市」「霧島市」「えびの市」「都城市」に絞りましたが、高千穂の峰を偶像崇拝していたとすると、肉眼で見える距離であっても、物理的に見ることができないのが「えびの市」です。霧島連山の山々に邪魔されて高千穂の峰が見えないのです。

したがって「小林市」「霧島市」「都城市」に絞られますが、現在の境界割と混同するといけないので、それぞれA,B,Cとして下に示します。

 さて、ここで「記紀」から離れ、今度は中国史における日本が描かれた内容に目を向けましょう。言うまでもなく「魏志倭人伝」なのですが、かつては色々な解釈がされてきました。私たちが学生時代には、都は奈良県だった(畿内説)と習ったわけですが、現在では九州説の方が幾分押しているようです。

しかしこのブログでは、魏志に書かれている「旅の工程」には目を向けず、すでに絞っている「都城市」「霧島市」「小林市」と比較したいと思います。

まず目を向けたいのが、邪馬台国の置かれていた立場です。邪馬台国を含め29の国を「倭国」と呼んでおり、そのほとんどが卑弥呼に服従していたと書かれているのですが、その中で反目し戦争状態にあった国が「狗奴国」という国があり、これは邪馬台国の南に位置していたと書かれています。

そうすると、この時点で南に土地のない「霧島市」は外れます。

 さらに、邪馬台国はそれ以外の諸国が1,000~10,000の戸数だったのに対して70,000以上の戸数があったようです。一世帯の人数は定かではありませんが、一夫多妻制で平均して2,3人の妻を持っていたようなので最低でも3人だったとすると、人口は20万人を超えていたことになります。

現在の小林市は、戸数が19000、人口が約50000人ですから、常識的にも厳しい気がします。もしここに20万の人が住むとなると、人口密度は現在の4倍になってしまい、農業を中心とした生活は物理的に無理だと考えられます。

そうすると残りはC、つまり都城市一帯ということになります。

記紀で言う「神話時代」、中国書で言う倭国の「都」は、私たちの住む都城だったのです。

次回からは、その裏づけといえるエピソードを紹介していきたいと思います。

 

あまりに度が過ぎた、PRにならないPRがまかり通ろうとしている話。都シリーズ01

ボクたちは学校でウソを習ってきたんだよ。都シリーズ02

記紀編纂1300年に申し訳ないんですが、神話のウソを暴きたいな、と・・・シリーズ03

神々の時代、「都」はどこにあったのか・・・シリーズ04

日本の創世記、都はどこだったかシリーズ05

日本の「都」はどこか、シリーズ06

日本の「元祖・都」シリーズ07

関連記事

no image

■その心は・・・・

民主党の勝算、それはズバリ代替エネルギーだ・・・・・ということにしたい、いやする。 石油やプル

記事を読む

no image

バチカンも認めた2012?

  都城界隈にキリスト教信者がどれくらいいらっしゃるかわかりませんが、聖母マリア様が出現し

記事を読む

018

誰に投票すればいいのかがわかるシリーズ2

今のところ立候補予定者は7人のようで、現職のうち中村氏を除く5名、元職の満行氏、元市議で先頃の衆院選

記事を読む

no image

方言アカデミー

正直いうと、僕はあまり島津関係に興味がない、というか薄い。なぜなら邪馬台国の方がはるかにロマ

記事を読む

no image

巨石と星座の件

昨日頂いたTakashiさんのコメントで、 >都城の神社の位置も何かの形に >な

記事を読む

06

「失われた青空」に行政は興味なし、連休だからこそ考えよう。

 やっとボクも連休が来ました。といっても会社が3日休むだけで、なにかと忙しいわけですが。  と

記事を読む

13382912473_4eaa9c7cc8_o

日本の「元祖・都」シリーズ07

 私たちは小学校の歴史で「大和朝廷」を学んでいますが、卑弥呼が死去し一定期間の内乱を過ぎた3世紀以降

記事を読む

no image

かわいいを通り越してる…

http://www.youtube.com/watch?v=0Bmhjf0rKe8[/youtub

記事を読む

20130819101228_5468

記紀編纂1300年に申し訳ないんですが、神話のウソを暴きたいな、と・・・シリーズ03

 前回、先進国の書いた日本の歴史書と、自国で編修された歴史書が大幅に食い違っていることを書きました。

記事を読む

image

年齢粉飾2

天皇の年齢がごまかされてる件について、もう少し詳しく検証。 「皇朝史略」によると、神代

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


follow us in feedly
PAGE TOP ↑