日本の「都」はどこか、シリーズ06

公開日: : 最終更新日:2014/10/03 謎を追え!, 都城愛

 神武以前、都はどこにあったかを検証しています。前回までで、「小林市」「霧島市」「えびの市」「都城市」に絞りましたが、高千穂の峰を偶像崇拝していたとすると、肉眼で見える距離であっても、物理的に見ることができないのが「えびの市」です。霧島連山の山々に邪魔されて高千穂の峰が見えないのです。

したがって「小林市」「霧島市」「都城市」に絞られますが、現在の境界割と混同するといけないので、それぞれA,B,Cとして下に示します。

 さて、ここで「記紀」から離れ、今度は中国史における日本が描かれた内容に目を向けましょう。言うまでもなく「魏志倭人伝」なのですが、かつては色々な解釈がされてきました。私たちが学生時代には、都は奈良県だった(畿内説)と習ったわけですが、現在では九州説の方が幾分押しているようです。

しかしこのブログでは、魏志に書かれている「旅の工程」には目を向けず、すでに絞っている「都城市」「霧島市」「小林市」と比較したいと思います。

まず目を向けたいのが、邪馬台国の置かれていた立場です。邪馬台国を含め29の国を「倭国」と呼んでおり、そのほとんどが卑弥呼に服従していたと書かれているのですが、その中で反目し戦争状態にあった国が「狗奴国」という国があり、これは邪馬台国の南に位置していたと書かれています。

そうすると、この時点で南に土地のない「霧島市」は外れます。

 さらに、邪馬台国はそれ以外の諸国が1,000~10,000の戸数だったのに対して70,000以上の戸数があったようです。一世帯の人数は定かではありませんが、一夫多妻制で平均して2,3人の妻を持っていたようなので最低でも3人だったとすると、人口は20万人を超えていたことになります。

現在の小林市は、戸数が19000、人口が約50000人ですから、常識的にも厳しい気がします。もしここに20万の人が住むとなると、人口密度は現在の4倍になってしまい、農業を中心とした生活は物理的に無理だと考えられます。

そうすると残りはC、つまり都城市一帯ということになります。

記紀で言う「神話時代」、中国書で言う倭国の「都」は、私たちの住む都城だったのです。

次回からは、その裏づけといえるエピソードを紹介していきたいと思います。

 

あまりに度が過ぎた、PRにならないPRがまかり通ろうとしている話。都シリーズ01

ボクたちは学校でウソを習ってきたんだよ。都シリーズ02

記紀編纂1300年に申し訳ないんですが、神話のウソを暴きたいな、と・・・シリーズ03

神々の時代、「都」はどこにあったのか・・・シリーズ04

日本の創世記、都はどこだったかシリーズ05

日本の「都」はどこか、シリーズ06

日本の「元祖・都」シリーズ07

おすすめ

関連記事

no image

消されるリスト

さて、カネで買収しようとしても受け取ろうとしないだけならまだしも、告発なんてことをやりかねない人、権

記事を読む

senkyo_wairo

【疑惑】またまた都城がおかしなことになりそうだ・・・

12月議会もスタートし、さらなる清浄化、健全化を進めていただきたいところですが、なにやら不穏な話が聞

記事を読む

full-photo

【悲報】せっかくの講演だったけど・・・

最近ツキイチペースになってしまっていて、これはいかんなぁと思ってます。 さて本日はまちづくり会社の

記事を読む

046

【悲報】いろいろ責められた件/タウンマネージャー

先日タウンマネージャーの候補者によるプレゼンイベントが開催されました(タウンマネージャーについてはこ

記事を読む

VoteMariah

誰に投票すればいいのかがわかるシリーズ1

選挙は本来、社会全体や未来の子供たちにとって、誰を選ぶのが一番いいのか、それを判断して投票されるのが

記事を読む

no image

■いろいろわかってきたゾ!

2020年の温室効果ガス排出量を「1990年比25%削減」といい、「子ども手当(結局執行停止)」・「

記事を読む

no image

邪馬台国は都城?

   ボクらが歴史の時間に習ったのは、いわゆる畿内説というヤツで、奈良県を指してます。でも

記事を読む

no image

巨石と星座の件

昨日頂いたTakashiさんのコメントで、 >都城の神社の位置も何かの形に >な

記事を読む

no image

宗教は、科学だった?

   仏壇に向かって礼拝をする。ごく自然な日本人の習慣ですが、どんなことを想いながらみなさ

記事を読む

no image

MU-ZA

もうすでにご存知の方もいらっしゃるでしょうし、「俺ぁ常連だよ!」なんて方もいらっしゃるとは思いますが

記事を読む

おすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

おすすめ


follow us in feedly
  •   
PAGE TOP ↑