ボクたちは学校でウソを習ってきたんだよ。都シリーズ02

公開日: : 最終更新日:2015/06/01 謎を追え!, 都城愛

 地域の氏族をイベントにしたところで、遠方からの観光客が来ることはありえるでしょうか。例えば我々が信州に行って「真田氏ゆかりの地」を探訪するでしょうか。小田原城を見ることはあっても北条氏の地碑を散策することがあるでしょうか。みやま市に行って「梅野家歴史資料館」を見に行きたいと、どれだけの人が思ってるのでしょうか。

ないです。誰も興味ないです。いや「誰も」は言いすぎでしょうが、いったいどれだけの人が九州の片隅の氏族の歴史資料館くんだりまで来て、経済効果に貢献するんでしょうか?

ではなぜ、都城市や観光協会はこんなにも「島津氏」に力を入れるのか、考えてみました。

歴史上の観光名所がないと格好がつかない。
箱物を作ることで、一部の有力者や建設業者の利益になる。
その後もなにかと(用地買収やイベント等)税金から誰かに利益を供与して貸しを作ったり借りを返せたりする。
経済効果(その成果を公表することはない)を謳うことで、内外に言い訳ができる。

・・・くらいでしょうか。

 山田町の上半分、高崎や高原は元々相良氏の「人吉藩」であり、島津氏に滅ぼされています。というより降伏させられてその後肥後藩を攻めさせられたりと、いいようにこき使われた歴史があります。大勢が死に、また殺してもいます。戦国時代だから、というでしょうが所詮は人殺しの歴史です。女性や幼い命も容赦なく切り捨ててきました。

もっと言えば、信長や秀吉も大勢の人を殺してきているにも関わらず英雄扱いです。源氏も平氏も、蘇我氏も物部氏も、さらに言えばニニギやニギハヤヒだって「戦」ばかりしていたわけです。

「歴史」という単語を使い、文化や芸術だけに目を向ければ美しいのでしょうが、神の時代から「殺し合い」の歴史なのです。

そんなものを崇め、敬い、さも「偉人」かのように扱い、たいした観光収入にもならない施設を作り、税金を流し込み、罪のない人たちを呼んでは町興しの道具にする、ってのはいかがなものか、というわけです。

 とはいえ、歴史には「浪漫」があります。たとえばティラノサウルスの全骨格が出土したとか、ペリーが来航したとかなら、全国、いや世界から観光客が来て経済効果も期待できるんでしょうが、どこに行ってもその土地その土地の氏族の資料館とか復刻城があって、わざわざそれを見に行きたいとは思いません。

しかし、もし都城に、世界的に興味の持たれる歴史があったらどうでしょうか。

あるんです、実は。

日本の歴史は、そのほとんどがいわゆる「記紀」を元に語られます。言うまでもなく「日本書紀」と「古事記」ですが、ニニギの「天孫降臨」など、「神話の里」として語られていることに因んで、奇しくも宮崎県は一昨年「古事記編纂1300年記念事業」を展開し、これは平成32年まで続けられます。

「記紀」は、あくまで国内で編纂された歴史書なので、外国から見た日本の歴史書とは、かなりの違いがあります。

 たとえば紀元前後の伝わり方としては、「記紀」によると初めての人皇(それまでは神皇)、神武が天下を統一して行く様が書かれています。

一方、海外からみた日本は、神武天皇などは書かれておらず、代わりに「卑弥呼」が描かれているわけです。

中国や朝鮮半島は、日本よりもはるかに古くから社会が発展しており、歴史書の信憑性は圧倒的に高いわけですが、特に日本のことは魏志倭人伝等に書かれています。

まずここで、国内で書かれた当時の日本の姿と、海外から見た日本の姿とでは、登場人物にまったく一貫性がないことがわかります。

つまりどちらかは「ウソ」なのです。

これから少しずつ、続編を書いていきます。

あまりに度が過ぎた、PRにならないPRがまかり通ろうとしている話。都シリーズ01

ボクたちは学校でウソを習ってきたんだよ。都シリーズ02

記紀編纂1300年に申し訳ないんですが、神話のウソを暴きたいな、と・・・シリーズ03

神々の時代、「都」はどこにあったのか・・・シリーズ04

日本の創世記、都はどこだったかシリーズ05

日本の「都」はどこか、シリーズ06

日本の「元祖・都」シリーズ07

関連記事

no image

邪馬台国は都城?

   ボクらが歴史の時間に習ったのは、いわゆる畿内説というヤツで、奈良県を指してます。でも

記事を読む

no image

都城の顔とは。

 長文ですよー。  昨日は音楽祭事務局で行われた中心市街地活性化意見交換会をたまたま見学することに

記事を読む

no image

一人で戦っていた女性がいたことを忘れない・・・

 「狂咲狂です。」と毎回書いてたんですが、これも必要なくなりました。もともと自分のブログなので必要な

記事を読む

13295609374_299ebe5b8a_o

日本の創世記、都はどこだったかシリーズ05

 連日紀元前後の日本について書いてますが、ここで一旦おさらいします。 「記紀」に書かれている日

記事を読む

r-WALKINGOLDMAN-large570

自由に仕事を選べる時代はそろそろ終わりますよ。

 都城市(に限らず)の少子高齢化問題を何度か取り上げているんですが、その対策として「難民受け入れ」を

記事を読む

no image

■いろいろわかってきたゾ!

2020年の温室効果ガス排出量を「1990年比25%削減」といい、「子ども手当(結局執行停止)」・「

記事を読む

no image

本当は怖い節分・・・・

節分。行事の事だと思っている人が多いけど、実際は各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)

記事を読む

210727image001

某公民館疑惑vol.2

 先日の記事(某公民館疑惑vol.1)を調査すべく、さっそく都城市役所の生活安全課へ出向きました。C

記事を読む

01

番組打ち切りの理由 5

 事前にFBのメッセージで「18:30に局に集合」とあったので、遅れないように1時間前には着いていま

記事を読む

C3111220-1

ゴミの疑問を聞いてみた

前から疑問だったことを役所(環境業務課)に聞いてみた。 Q 「燃やせないゴミ」が来年からなくなるの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


follow us in feedly
PAGE TOP ↑