尽くしてくれる人

公開日: : ブログ, 社会問題

予想以上でも予想以下でもなかった参院選。バカ正直に今回も投票に行った。
そのたびにやれやれ、と意味のなさを痛感し、気が付けば半世紀。選挙権を得てから32年。
国民の声、とか国民の意思、とかいうけど、ろくにモノを知らんのが入れた票で何が「声」だ?と・・・。

なら行かなきゃいいのに。権利であって義務じゃない。行かなかったからといって黙っていれば誰にもわからない。
そう行かなきゃいいのに。
なぜ行くのだろう?バカバカしい・・・と、終わった後は思うのに、いつも近づくと得体の知れない期待感を持つのだ。

実は人間、そんなに捨てたモンじゃないのかもしれない・・・と思ってしまうのだ。

今日も危うくフェイスブックで論争をしてしまうところだった。いや本来は論争は嫌いでない。それなりに知識もあるつもりだし、まぁ負けることはありえない。

ただその相手を負かしたところで、なんになる?と自問してアホくさくなってやめた。

改憲を推進して何が悪い?増税、TPP、安保を支持して何が悪い?と叫ぶ。

若い人にリテラシーがないとは思わない。今の大人よりずいぶんマシだろう。

だけど、リテラシーと同時に必要なのは、「人間」という生き物が、5手先、6手先にどうなっていくか、これだけはやっぱりわからないのかも知れない。

年をとるっていうのは、ただ単に無駄に過ごしてきたわけじゃない。

たくさんの人を騙し、騙され、たくさんの人を裏切り、裏切られ、たくさんの人を傷付け、傷つけられ、数え切れない悔し涙、嬉し涙、悲しい涙を流し、そんな中で「人間」という生き物を観察してきたのだ。裕福や貧困を経験し、罪を犯したり善行をしたり、無謀なことをしたり臆病になったり、病気に悩まされたり親しい人を亡くしたり、汗水たらして働いたり怠けたり・・・。

image

もっとも、いい年をした大人ですら、利己的な理由でしか投票しない。

政党政治を否定するつもりはない。だけど偏向すると議論が尽くされないのだ。

議論は「尽くされる」べきなのだ。そして「尽くしてくれる人を選ぶ」のが選挙なのだ。

本来、「尽くしてくれる人」は、日夜勉強をし、分析をし、そして議論をしていかなければならない。だから報酬は多くてもいいと思う。

でも現実は違う。「尽くしてくれるはずの人」は、その理想にかけ離れた人が多い。

そして「尽くしてくれる人を選ぶ人」も、たいていはろくに候補者を検証したりはしない。

つまり「選挙」も「議会」も機能していないのだ。

そんな議会に何を期待して、選挙に行くのだろう。もういい加減、次からちゃんと考えよう。

おすすめ

関連記事

no image

ACID

 色々と悩んだ結果、ACIDにしたス。DTMソフトは、以前はCakewalkを使っていて、できれば

記事を読む

no image

参院選

 さて投票です。投票日は東京なので事前投票に行かねばならんのですが、まだ決めておりませんス。  ま

記事を読む

no image

詩が書けない

 「つぶろぢん」「R2」ともに2曲ずつ作らなければならないのだけど、詩が書けない。曲のネタはいくらで

記事を読む

no image

市民レベルでできること。

 昨日はあまりの現状に、思うまま書いてしまって色々とアドバイスを頂いた。  それほどみんな無関

記事を読む

no image

こけたス。

本日は次回の現場の打合せで熊本出張ですた。高速をKくんの運転で走り、途中宮原パーキングで休憩して、ト

記事を読む

no image

選挙の意義

選挙の投票券は、届いた日から持ち歩いていて、しかも期日前投票所には、別件で用事が多々あり何度も訪れた

記事を読む

no image

クリスタルスカル

 今日はオヤジが見舞いに来てくれました。コナン+金田一のマンガと週間朝日を持って。うーむ・・・。

記事を読む

no image

原発事故の後始末は、国民にさせる。

なんだかボクのブログ読んだ人が、ボクが原発反対派だと思ったらしく、誤解しているようなのでちょっと説明

記事を読む

no image

いくらなんでも…

 もう日付が変わろうとしているのにこの行列。明日から上がると言われているガソリンを入れようと、皆さ

記事を読む

no image

流浪の日々

 圧勝、と言っていいだろう。そのまんま東氏が70,000票差をつけて県知事に当選。しがらみのないイメ

記事を読む

おすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

おすすめ


follow us in feedly
  •   
PAGE TOP ↑