尽くしてくれる人

公開日: : ブログ, 社会問題

予想以上でも予想以下でもなかった参院選。バカ正直に今回も投票に行った。
そのたびにやれやれ、と意味のなさを痛感し、気が付けば半世紀。選挙権を得てから32年。
国民の声、とか国民の意思、とかいうけど、ろくにモノを知らんのが入れた票で何が「声」だ?と・・・。

なら行かなきゃいいのに。権利であって義務じゃない。行かなかったからといって黙っていれば誰にもわからない。
そう行かなきゃいいのに。
なぜ行くのだろう?バカバカしい・・・と、終わった後は思うのに、いつも近づくと得体の知れない期待感を持つのだ。

実は人間、そんなに捨てたモンじゃないのかもしれない・・・と思ってしまうのだ。

今日も危うくフェイスブックで論争をしてしまうところだった。いや本来は論争は嫌いでない。それなりに知識もあるつもりだし、まぁ負けることはありえない。

ただその相手を負かしたところで、なんになる?と自問してアホくさくなってやめた。

改憲を推進して何が悪い?増税、TPP、安保を支持して何が悪い?と叫ぶ。

若い人にリテラシーがないとは思わない。今の大人よりずいぶんマシだろう。

だけど、リテラシーと同時に必要なのは、「人間」という生き物が、5手先、6手先にどうなっていくか、これだけはやっぱりわからないのかも知れない。

年をとるっていうのは、ただ単に無駄に過ごしてきたわけじゃない。

たくさんの人を騙し、騙され、たくさんの人を裏切り、裏切られ、たくさんの人を傷付け、傷つけられ、数え切れない悔し涙、嬉し涙、悲しい涙を流し、そんな中で「人間」という生き物を観察してきたのだ。裕福や貧困を経験し、罪を犯したり善行をしたり、無謀なことをしたり臆病になったり、病気に悩まされたり親しい人を亡くしたり、汗水たらして働いたり怠けたり・・・。

image

もっとも、いい年をした大人ですら、利己的な理由でしか投票しない。

政党政治を否定するつもりはない。だけど偏向すると議論が尽くされないのだ。

議論は「尽くされる」べきなのだ。そして「尽くしてくれる人を選ぶ」のが選挙なのだ。

本来、「尽くしてくれる人」は、日夜勉強をし、分析をし、そして議論をしていかなければならない。だから報酬は多くてもいいと思う。

でも現実は違う。「尽くしてくれるはずの人」は、その理想にかけ離れた人が多い。

そして「尽くしてくれる人を選ぶ人」も、たいていはろくに候補者を検証したりはしない。

つまり「選挙」も「議会」も機能していないのだ。

そんな議会に何を期待して、選挙に行くのだろう。もういい加減、次からちゃんと考えよう。

おすすめ

関連記事

no image

DVD借りすぎ

 こじつけもここまでくると商魂たくましい。  隣のおばあちゃんが救急車で運ばれて、一時はどうなる

記事を読む

no image

萩城跡

 萩と言えば「萩焼」。・・・くらいしか思いつかなかったんだけど、山口県全体で連想すると、かつては長

記事を読む

no image

扇風機で音響効果があるか・・・、いやないやろ・・・。

 東京行きが迫ってきてます。あぁ、どこ行こうかな・・・ナニ食べようかな・・・、ってそっちかよ!

記事を読む

no image

詩が書けない

 「つぶろぢん」「R2」ともに2曲ずつ作らなければならないのだけど、詩が書けない。曲のネタはいくらで

記事を読む

no image

国歌斉唱時の起立

国歌斉唱が必要か否か、これを議論しても仕方ない気がする。用は国歌の問題じゃなくて社会性や協調性の問題

記事を読む

no image

雨に濡れながら~

 たたずーむ人がいる~・・・かぁ?!

記事を読む

no image

カルディの試飲コーヒー

イオンに行くと必ず訪れるのがカルディ。ボクは用はないけど、コーヒーの試飲サービスをしてるので、ヨメが

記事を読む

no image

のぞみ

博多から鉄道ス。新幹線のぞみス。 ビュワーンビュワーンは・し・る~

記事を読む

no image

T先輩逝去。

 本日から3分粥。ごはんに関しては流動食とほぼ変わらんス。食った気がゼンゼンしない。  さて午後

記事を読む

no image

■アンケートでーす!

あのですね、もし年に12回(月に1回)、外食に出かけるとしたら、どんなメニューになりますか? ちな

記事を読む

おすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

おすすめ


follow us in feedly
  •   
PAGE TOP ↑