某公民館疑惑vol.1

公開日: : 最終更新日:2014/10/02 社会問題, 都城愛

 市内の某地区の公民館が建築基準法に違反しているらしいのです。たぶん十数年前に新築された公民館は、なぜか勾配のきつい坂の途中にあり、しかも絶壁が庭の奥にあってとても暗い印象になっているのです。公民館を使用するのは多くは高齢者ですから、この坂を上るのはとても厳しい試練を強いられます。

 実はこの絶壁、高さが十数メートルあってそこに建築物を建てる場合、絶壁との距離が2.5倍を確保しないといけないらしいんです。

0005

 

 で、請け負った建設会社は建築時に「基準に合うようにXを切る」という約束をしたらしいのだけど、いまだに放置されているわけです。しかも先日の台風の時に「P」の部分がえぐれてしまったのです。

 え?そりゃマズいっしょ…。と思うんですが、住民は誰もこの件に触れないようなんです。

 そもそも、新公民館建設の話が持ち上がったときに、もっと利便性の高い土地を提供すると申し出た人がいたらしいのですが、それは無視されて当時の一部の役員で決められてしまったのだそうです。

 なぜそんなことになったのかと言うと(これも伝聞ですが)、この「坂の途中の土地」の所有者が公民館費用を使い込んでしまい、「返済できないのでこの土地をどうしても買ってもらいたい」ということがあったのだとか。

 使い込み自体悪いことなんですが、それをもみ消し、あろうことかそれを利用した贈収賄があったようだ、とも。

 ところが、この話はある程度の人は知っているようなんです。なのに問題視はせず、話題にもしない。してどうなるんだ、と。穿り返しても誰のためにもならない、と。

 たしかに、誰かを責めるのは気がとがめます。でも法がどうこう言う前に「危険」な状態であることは間違いないわけです。で、僕は言ったのです。

「なら僕が役所に言いましょか?」

「いやいや、それはそれでおかしなことになりゃせんか?」

「おかしなことって?」

「余計なことしやがって、とか言われたりして、あんたの家族も困るんじゃない?」

「は?ぜんぜん困りませんよ。」

「んにゃ、あんたはわかっちょらん。狭い町でそげな事したら村八分に会うとよ。」

「おっしゃる意味はわかりますよ。僕もダテにトシ食ってませんから。でもそれで村八分にする連中はこっちから願い下げですわ。」

と、言うわけで、近いうちに役所に問い合わせに行ってきます。随時ご報告します、なう。

関連記事

0003

消滅する旧4町?02

言うまでもなく、税金のほぼ3割は社会保障に使われていて、これは高齢化が進むにつれますます増大するわけ

記事を読む

no image

新燃岳、桜島、ミトコンドリア

おいおい、またかよー。霧島が途中から消えてるぢゃん! なんかやべーすね、新燃岳。19日

記事を読む

no image

ダイヤは美しくない!

   ダイヤモンド鉱山を仕切る某組織は、躊躇なく多数の住民の殺害、手足の切断、暴行などを行

記事を読む

no image

ミイラ取りがミイラに・・・アホな大人がいるもんで

今ネットで話題の9歳の女の子、「はるかぜちゃん」こと春名風花ちゃんが旬だ。 0歳からモ

記事を読む

no image

■ちんがら問題の収束に向け、FBI,CSI,CTU,CIA,KGB,MI-6が総力を挙げて・・・調査に乗り出すわきゃねーだろ!

ボク自身のまわりでも「ちんがら」論争が勃発しとりまして、こりゃ決着が必要かと、いうことなんですけ

記事を読む

no image

■なすすべがない

ブラジルの英会話教室の教師で、予知夢(予知的明晰夢)による予言ができる予言者として有名なジュセリーノ

記事を読む

no image

■男女間に友情はあるか

  それにしてもまぁ事件の多い人生だこと。昨日は事故っちゃいました。幸い相手にケガはなかっ

記事を読む

no image

大家族化を進めよう。

いずれにしても東京都民は原発推進知事を通した。都民の民意とはいえ、被災地との温度差が浮き彫りになった

記事を読む

no image

震災なのに選挙決行でどーなんのか?

例によってメモ的リンク。 震災前・震災後の被災地衛星写真。中央のスライダを動かすと風景が一

記事を読む

no image

■いろいろわかってきたゾ!

2020年の温室効果ガス排出量を「1990年比25%削減」といい、「子ども手当(結局執行停止)」・「

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.


follow us in feedly
PAGE TOP ↑