代償がなければ恋ではない:2000年4月号掲載分

公開日: : 最終更新日:2014/05/14 霧島フォーラム「狂この頃」

 フレッシュマンという言葉が聞こえてくる季節になりました。別れが終わったかと思うと今度は出会い。出会いはいつしか恋へと発展し・・・・、なんちゃって。先月宣言しましたように、「恋」と「愛」でございます。かくいう筆者ももういい年なんで、それなりに経験を積んできたわけだけど、そりゃもー、あーた、うんざりですわ・・・とかいっても一人はやっぱり寂しいもんだ。我々が学生時代~20代ってゆーのは、「硬派銀次郎」であるから、女の子に「お茶しない?」なんつーナンパな行為は暗黙の内に禁じられてるようなもので、コクるなんてことは弁論大会より恐れ多い事で、それをやるからにはホント、キンチョーしたもんだ。筆者の場合、過去に一度だけ告白したことがあり、そう、高一になったばかりの時、結局自分でいえず友達についてきてもらい代弁してもらった。今思えば、それがいけなかったんだろうなーと反省してるが、そりゃもー顔から脳みそが出てきそうなくらい恥ずかしかった。結果は見事に×。せっかくの反省も全然生きてない。なぜならそれ以降、意中の女性がいてもケシテうちあけることはなかったのだ。それでも不思議と彼女っつーのは常にいて、それなりにデートしたり、将来を語ったり・・しかし、筆者が思うに「愛」というのが存在したか?というと、どうもそうでない気がするのだ。筆者と同世代の人は既に結婚してる人が多いのでその分、人より数は多いと思うが、どれも「恋」にすぎなかったように思える。というのは、常に相手に対してなにかを求めていたからだ。いわゆる「代償」である。自分がこんなに好きだから、相手にもそれだけ好きでいて欲しいとか、自分はこれだけ尽くすから相手にも同じくらい、またはそれ以上尽くして欲しいとか・・・。筆者が思うにそんなのは「愛」などではなく、「かけひき」に過ぎない。または、世間一般で存在すると思われているドラマのようなシチュエーションに「あこがれ」るがあまり、無意識にそれと同じような展開になるべく、シナリオライターと化しているのだ。なんの「代償」も求めず、その人に尽くせる、これが「愛情」であり、お互いがそう思った時、「愛」は誕生する。親子がいい例である。子は親に迷惑をかけっぱなしにもかかわらず、親は常に心配し、何かあれば損得抜きで協力する。「愛情」以外のなにものでもない。そんな相手と出会えるのが理想である。では、この軽薄短小な時代、そんな相手がこの世にいるのか?仮にいたとしても、出会えるのか?「あの人とは合わなかった」なんてセリフを聞いたことがないだろうか。または吐いた事がないだろうか。もちろん、自分に一番合った人に出会えれば、それは理想である。しかし、一番がいれば二番もいるわけで、じゃ何番までいるんだ?ってことで、仮に日本人に限定してみると、人口1億3000万人の半分が、男性、残り半分が女性だとすると、なんと6500万人いるわけで、対象年齢を絞って、1000万人としても、相当な数である。しかも相手が一番かどうか見極めるには実際につきあってみないとわからない。それも、半年やそこらじゃ人間の中身は理解できない。仮に1日で判断できたとしても、一年で365人、10年でも3.650人、100年かかっても36.500人で、5%にも満たない。じゃ、どーする?どっかで妥協?続きは次号だ!

おすすめ

関連記事

no image

日本初・日本一?:2002年1月号掲載

「世界初」とか「史上初」っていう表現も好きじゃないが、もっと考えてしまうのは「世界一」とか「日本

記事を読む

no image

ジャンル:99年5月分掲載分

 みなさーん、五月病の具合はいかがですかー(^^;)。私は健康優良痔なので金欠病と恋のヤマイ以外はあ

記事を読む

no image

「愛」は「探す、もらう」ではなく「作る、 育てる」:2000年5月号掲載分

 さてさて、いよいよGWです。黄金週間、お父様は家族サービス、彼氏は彼女にスペシャルなウィークを提供

記事を読む

no image

景気と職業とロック:99年8月号掲載分

 いや~、これが出る頃にはすでに7の月も過ぎちゃってノスちゃん残念でした、というわけで、いよいよアタ

記事を読む

no image

あがってなんぼ:2001年7月号掲載分

 梅雨だな~などと思いながらふと気づくと、なんと通算33回目の連載だ。いってみよ!  「あがってなん

記事を読む

no image

個性:99年11月号掲載分

 毎月〆切りがせまった頃に「やべっ」と慌てるのだが、今回はすでにキーボードに手が乗っている。なのに、

記事を読む

no image

宮崎のミュージック・シーン:99年12月号掲載分

 2000年へのカウントダウンにも拍車がかかり、筆者の周囲もなにかとあわただしくなってきた。先月号の

記事を読む

no image

アマチュアバンドコピーランキング:2000年2月号掲載分

 Kyoです。Y2K問題もライフラインを揺るがすことなく、ノストラダムスに続きほっと一息か、と思いき

記事を読む

no image

松井の年俸:2001年2月号掲載分

巨人・松井が5億である。イチローのメジャー行きによって、日本人最高となった。すごい世の中になったも

記事を読む

no image

職業創出だ!:2001年9月号掲載分

 この原稿を書いてる時点では選挙の前なので結果は知る由もないが、とにかく行政が「雇用創出」を叫びだし

記事を読む

おすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

おすすめ


follow us in feedly
  •   
PAGE TOP ↑