個性:99年11月号掲載分

公開日: : 最終更新日:2014/05/14 霧島フォーラム「狂この頃」

 毎月〆切りがせまった頃に「やべっ」と慌てるのだが、今回はすでにキーボードに手が乗っている。なのに、テーマに悩んでいる。ネタがないわけじゃない。ありすぎるのだ。タイミングを逃すと意味が無いのがコラムなのでヒジョーに迷う。政治経済方面や芸能・スポーツ方面にも色々物申したいことはあるし、旬のネタも扱いたい。が、しかしそんなのはどこのコラムニストも書くだろうし、第一読者もつまらなかろう。おっと、その前に読者はいるのか?一体どれだけの人がこのページを読んでるのだろう?あぁ、そんなこと考えてたらウレセンに走ってしまう。と、いうわけで今回のテーマは「個性」。なんだ、ぜんぜんフツーじゃねーか、とお思いでしょーが、まぁ聞いてちょ。先日TVのロケで「高校生討論会」ってのがあって、「茶髪」とか、「援交」とか、「ピアス」だ「ルーズ」だと、いろんな話題で意見が飛び交ったのだが、その中で「なぜ茶髪にしたいのか」という問いに「個性を出したい」と返ってくる場面があり、キョーレツに印象に残っているのだ。かく言う筆者も金髪である。そのムカシ、髪を染めたり、男がロンゲにしたりするのは、不良か音楽やってるか、だったが、いまやフツーの人がフツーにやる時代。だが、それを「個性」というのはどうだろう。ならば「個性」は金で買えるのか?ファッションが「個性」なのではなく、ファッション・センスを「個性」というのならまだわかる。もし、日本中のコギャルがガングロだったら、誰も目立たなくなる。人と違う事をするのが「個性」なら、犯罪者はみんな「個性派」だ。未成年、特に学生に「制服」や「校則」があるのは、同じ土俵で「本当の個性」を発揮して欲しいからだ。みんながカリスマとあがめる宇多田ヒカルや安室奈美恵、降谷ケンジ、清春、、、、あげたらキリがないが、彼等はもし「制服」を着ていても十分カリスマである。そう、「個性」とはその存在の意味なのである。趣味、特技、発言、勇気、挑戦、開拓、夢、目標、行動、、、、、これもまた、あげたらキリがないが、とにかく「個性」とはそういうことである。モノマネはあくまでマネにすぎない。しかし、モノマネも極めれば立派な「個性」だと思う。筆者はコロッケ氏に直接あったことがあるが、彼のモノマネは既に神の領域だった。すごい「個性」だと想った.とにかく、一番つまらないのが「中途半端」である。R&Bが流行りだしたら、猫も杓子もやりだした。だが、どうせ便乗するならトコトンやって欲しいものである。「便乗」も極めれば立派な「個性」だろう。筆者は相変わらず「ヘヴィ・メタ」が好きである。いつの日か、ヒツトチャートの半分を「ヘヴィ・メタ」が占める日が来たら、世間はそれを「ウレセン」と呼ぶだろう。「ウレセン」とは結果論であり、最初から「ウレセン」ではなかったのだ。「レゲェ」も、「ヒップホップ」も、もちろん「R&B」だって長い間「マニア」のものだった。実際、B’zや一部のビジュアル系バンドがやってる音は、80年代「ヘヴィ・メタ」と呼ばれた音楽だ。とにかく、ジャンルや呼び名はどうでもいい、まず「自分」をアピールすることから始めよう。本やカタログで見たモノマネではなく……。

おすすめ

関連記事

no image

刺激と魅力:2002年7月号掲載分

  この号が出る頃にはワールドカップも決勝を終え、優勝国が決まっていることだろう(多分イタリアかなぁ

記事を読む

no image

職業創出だ!:2001年9月号掲載分

 この原稿を書いてる時点では選挙の前なので結果は知る由もないが、とにかく行政が「雇用創出」を叫びだし

記事を読む

no image

恥自慢:2001年12月号掲載分

 先日、ある深夜番組で、郷土の星そのまんま東氏がゲストとして出演していたので、興味深く見ていた。話題

記事を読む

no image

アマチュアバンドコピーランキング:2000年2月号掲載分

 Kyoです。Y2K問題もライフラインを揺るがすことなく、ノストラダムスに続きほっと一息か、と思いき

記事を読む

no image

オリジナルとコピー:2000年1月号掲載分

 世間はまさにミレニアム!と同時に新世紀へのカウントダウンもスタート。さて今月から筆者の友人である「

記事を読む

no image

米同時多発テロ:2001年11月号掲載分

 数え切れないほどのコラムが出回っている「同時多発テロ」。報復に疑問を唱える人も少なくないが、疑問の

記事を読む

no image

景気と職業とロック:99年8月号掲載分

 いや~、これが出る頃にはすでに7の月も過ぎちゃってノスちゃん残念でした、というわけで、いよいよアタ

記事を読む

no image

日本語のすばらしさ:2000年3月号掲載分

 この号が出る頃には寒さも落ちつき、そろそろ春の陽気が出番を伺っているかな…と、思いつつ、ペンをとる

記事を読む

no image

ヒット曲とは:99年10月号掲載分

 さて、10月である。オクトーバーである。陰暦でいう神無月。神さえも無いというのだろうか。そう、B

記事を読む

no image

代替案を用意してから反対しよう。:2000年11月号掲載分

先月号の特集「怒っている事」を読破した。少年犯罪、ゴミ、税金・・・と大体共通していて、共鳴はするの

記事を読む

おすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

おすすめ


follow us in feedly
  •   
PAGE TOP ↑