アマチュアバンドコピーランキング:2000年2月号掲載分

公開日: : 最終更新日:2014/05/14 霧島フォーラム「狂この頃」

 Kyoです。Y2K問題もライフラインを揺るがすことなく、ノストラダムスに続きほっと一息か、と思いきや筆者の周辺は「たけのこ」問題で大騒ぎ(「たけのこ」とは筆者が主宰しているロックバンド)。というのも先日「インディーズ・ヴォイス」で紹介された「もっとマジメに恋しなさい」が、なんと福岡ドームの「オートフェスタ」のテーマソングに選ばれてしまったのだ。「オートフェスタ」といえば毎年10万人を集め、2月の中旬に行われるビッグイベント。これはただごとではない!やばいっ!どーしよー!しかも過去3回のイベントと比べ、今年はミレニアム・スペシャル!RKB関連の局では約1ヶ月間コマーシャルがオン・エアされ、当日のライブもあるとか……!うぉーーーーーーーっ!マジでやべーーーーーっ!というわけで応援よろしくお願いいたします、なんちって。さて、今月は世間のヒットチャートに対してアマチュア・バンドのコピーする対象はどんなランキングになっているかご紹介したい。題して99年もっともコピーされたバンド・ベスト10の発表です。(ROCKS調べ)

第1位 ハイ・スタンダード

第2位 Brahman

第3位 ラルク・アン・シエル

第4位 GLAY

第5位 黒夢(SADS)

第6位 Thee Michael Gun Elephant

第7位 The Mad Cupsule Markets

第8位 The Blanky Jet City

第9位 Judy & Mary

第10位 Luna Sea

以下、ザ・イエローモンキー、SNAILRAMP、ザ・ブルーハーツ、山嵐、ヌンチャクと続く。

ごらんのようにコア系、ビジュアル系でほとんどを占めている状態。98年と比べるとイエモン、Judy & Mary、GLAYが減少し、変わってBrahman、MGE、BJCが登場。ハイスタは相変わらずの強さである。我々が10代の頃、そのほとんどをハードロックとニューミュージックで占めていたのと同じだろう。音楽性で言えばほとんど変化はないといっても過言ではない。あえて言うならばテクニック指向より、ルックス・キャラクター指向が強くなったか?といった感じだろうか。今から20年前はいわゆるギターヒーロー全盛でみんながギタリストを目指し、バンドを結成しようと集まってみればみんなギタリストだった、なんてことがしょっちゅうだったが、シーケンサーやカラオケの発達に反比例するかのようにドラマーやベーシストが脚光を浴びるようになった。さて、いよいよ21世紀を今まさに迎えようとしている現代、次はいったいどんなロックスターが生まれるのか、商業至上主義の音楽業界ではあるが、インターネット等の発達により、より質の高いものが求められる世の中になるのは必至、この都城にも多くの才能が眠っているのは言うまでもない。

おすすめ

関連記事

no image

恥自慢:2001年12月号掲載分

 先日、ある深夜番組で、郷土の星そのまんま東氏がゲストとして出演していたので、興味深く見ていた。話題

記事を読む

no image

職業創出だ!:2001年9月号掲載分

 この原稿を書いてる時点では選挙の前なので結果は知る由もないが、とにかく行政が「雇用創出」を叫びだし

記事を読む

no image

技術革新=雇用消滅!?:2001年1月号掲載分

いよいよである。21世紀である。子供の頃、「21世紀の夜明けは近い♪」(だったような・・)と盆踊り

記事を読む

no image

表現の自由?:2001年3月号掲載

最近、表現の自由が論じられるケースが増えた。某局キャスターが徒党を組み、かたや倫理団体が民放各局に

記事を読む

no image

日本語のすばらしさ:2000年3月号掲載分

 この号が出る頃には寒さも落ちつき、そろそろ春の陽気が出番を伺っているかな…と、思いつつ、ペンをとる

記事を読む

no image

宮崎のミュージック・シーン:99年12月号掲載分

 2000年へのカウントダウンにも拍車がかかり、筆者の周囲もなにかとあわただしくなってきた。先月号の

記事を読む

no image

刺激と魅力:2002年7月号掲載分

  この号が出る頃にはワールドカップも決勝を終え、優勝国が決まっていることだろう(多分イタリアかなぁ

記事を読む

no image

松井の年俸:2001年2月号掲載分

巨人・松井が5億である。イチローのメジャー行きによって、日本人最高となった。すごい世の中になったも

記事を読む

no image

「愛」は「探す、もらう」ではなく「作る、 育てる」:2000年5月号掲載分

 さてさて、いよいよGWです。黄金週間、お父様は家族サービス、彼氏は彼女にスペシャルなウィークを提供

記事を読む

no image

ミュージック万歳!!:99年7月号掲載分

 いやー、ジメジメした季節も終わりを告げ(たはず?)、いよいよ7の月!!ノストラダムスさん、ごめんな

記事を読む

おすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

おすすめ


follow us in feedly
  •   
PAGE TOP ↑