ヒット曲とは:99年10月号掲載分

公開日: : 最終更新日:2014/05/14 霧島フォーラム「狂この頃」

 さて、10月である。オクトーバーである。陰暦でいう神無月。神さえも無いというのだろうか。そう、B 型さそり座の筆者は誕生月なのである。トホホ、、、、、またも年を取ってしまう。ヨワイ35になります、ハイ。アタシの同い年と言えば、芸能界ではウッチャンナンチャン、近藤マッチ、ロック界では、故HIDE、さらにはYOSHIKI、TOSHI、ジャイアンツでは斎藤雅樹、川相といったところ。筆者は彼等が頑張ってると自分も頑張らねば、、、と、自分を奮い立たせてきたものです。見なさんの同級生はいかがですか? さて、ティーンズ宮崎大会ではまたもやってくれました。もとGuysのメンバー松原ショージ率いるREV はまたもや大賞をかっさらい、南九州大会へのキップを手にしました。ヒジョーにたのしみです。曲の出来も素晴らしくメジャー・アーティストだったらヒット間違いなしという仕上がりなんです。そこで、今回のテーマは「ヒット曲とは」というところで斬ってみたい狂この頃。 筆者のところにも沢山の創作者が出入りしてるわけだけど、そりゃもう素晴らしい才能があふれています。素晴らしい詩、素晴らしいメロディ、素晴らしい技術、さらにはルックス、キャラクターと、ほんとにいい素材がこの都城にもいるにはいるんです。が、しかし、音楽に限らず何事もアピールできなきゃ意味が無い。今風の言葉で言えば、プロモーションということになろうか。逆にいえば、プロモーションができれば、何かが欠けていても認められることもあるということで、事実チャートをみるとそういうひとばっかり。 CMやドラマのタイアップなしでヒットする例はほとんどない。すでにネームバリューのある場合、例えば GLAYが新曲を出すとなればその作品の良し悪しを判断するまえにCDは売れる。アマチュア・バンドは勿論、インディーズのアーティストだって、ネームバリューもタイアップもなければ、じゃ、どーすりゃいいんだってことで、やはりプロモーションである。例えば、この世から映像がなくなって、ラジオが唯一のメディアだとして、プロ・アマ問わず公平に曲が流れれば、今の勢力図は一変するだろう。要するにプロモーションひとつなのである。(勿論最低限の力は必要だが、、、、)とにかく、今の世の中ビジネス優先で、文化も商品として扱われてるし、またそれは至極あたりまえのことなのである。プロモーションはいわゆる一種の営業であるから、音楽とは全く畑違いの分野、やはり、協力者がいないよりいた方がいいに決まっている。最近の例をとれば、ゆず、キロロ、宇多田ヒカル、、、と新人がタイアップなしでブレイクする際には、なんらかの協力者がいる。親兄弟は勿論、友人、知人、企業、自治体などやはりあらゆる人間関係が支えになっている。そういう意味ではやはり、都城のような地域は後進地域と言わざるを得ない。じゃあ地方はみんなそうなのかと言うと、広島、新潟、宮城などは主要都市と遜色無く機能している。おぉっとこれ以上は言うまい、いつもの愚痴になってしまう。まっ、むらおこしとか、まちが元気とか言うのなら地元にラジオ局でも作って欲しいものだ。某テレビ局ではアマチュア・アーティストは文化とも、地場産業ともみなしてもらえなかったが、今後はどうか、、、、サミットもあることだし、予算どころか、案さえも出ないだろうな、、、結局は個人が努力しなきゃいけないわけです。さぁ、みんないよいよ自分しかないぞ、頑張ろう、俺もがんばる。うん。

おすすめ

関連記事

no image

景気と職業とロック:99年8月号掲載分

 いや~、これが出る頃にはすでに7の月も過ぎちゃってノスちゃん残念でした、というわけで、いよいよアタ

記事を読む

no image

表現の自由?:2001年3月号掲載

最近、表現の自由が論じられるケースが増えた。某局キャスターが徒党を組み、かたや倫理団体が民放各局に

記事を読む

no image

刺激と魅力:2002年7月号掲載分

  この号が出る頃にはワールドカップも決勝を終え、優勝国が決まっていることだろう(多分イタリアかなぁ

記事を読む

no image

椎名林檎:2000年6月号掲載分

 さあ、梅雨ですね。じめじめじめじめじめ・・・・・。元気出していこう!今月は久しぶりにマジメにJPO

記事を読む

no image

便利さか?住み易さか?:2002年3月号掲載

  例によってトーキョーにいる今日この頃。それにしても、価値観の違いは凄まじい。まず家電は恐ろしく安

記事を読む

no image

21世紀を前向きに斬る!!」:99年4月号掲載分

 年度末を迎え、新入学・新就職とフレッシュな季節となり(なんだかフツーの書き出しだなー)、五月病の発

記事を読む

no image

職業創出だ!:2001年9月号掲載分

 この原稿を書いてる時点では選挙の前なので結果は知る由もないが、とにかく行政が「雇用創出」を叫びだし

記事を読む

no image

コピー人間:2000年12月号掲載分

今月のピックアップアーティストで紹介するバンド誰にしよーかなー、と一生懸命考えたんすけど、今月該当

記事を読む

no image

アマチュアバンドコピーランキング:2000年2月号掲載分

 Kyoです。Y2K問題もライフラインを揺るがすことなく、ノストラダムスに続きほっと一息か、と思いき

記事を読む

no image

代替案を用意してから反対しよう。:2000年11月号掲載分

先月号の特集「怒っている事」を読破した。少年犯罪、ゴミ、税金・・・と大体共通していて、共鳴はするの

記事を読む

おすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

おすすめ


follow us in feedly
  •   
PAGE TOP ↑