TPPをマジメに考えてみるか・・・

公開日: : 最終更新日:2014/05/14 ブログ, 社会問題

えー、TPPについて。

環太平洋戦略的経済連携協定、ですな。

今日、ウチの親父とヨメのお父さんが会話していて、その中でも話題になっとった。

管総理は参加方針を打ち出して、内閣府、農林水産省、経済産業省の3省庁が試算。

これがまたバラバラ。

つっても立場がバラバラってだけで、試算もあながち間違っとるとは思えんですけどね。

内閣府は、日本がTPPに参加するとGDPが2.4~3.2兆円増えるという楽観的な見方。

農林水産省は逆で、日本がTPPに加盟すると他国からの安い農産物が大量に輸入されるため、日本の農家の多くが農業をやめてしまうと。結果、農業関連のGDPが4.1兆円も減少、GDP全体としては7.9兆円もの損失になる。環境面でも3.7兆円の損失になり、合計で日本が被る損失は11.6兆円にも。さらに、340万人の雇用が失われ、食糧自給率も現在の40%から14%にまで下がると予想。

と、ここまでなら農家の多い宮崎県民としては農水省を支持したいとこだけど、経済産業省の試算は「参加しなかったら」という観点。

日本がTPPに参加しないと、アメリカやEUと独自に自由貿易協定を結んだ韓国が躍進し、結果として日本のGDP(自動車、機械産業、電気電子の主要な3業種が主)は2020年までに10.5兆円も減少すると予想しとる。しかも雇用も81万2000人も失われるという。

2020年までの試算だけで比べると、「参加しない」方がまだマシ?と思うけど、2021年以降まで考えると参加した方がいいとも思える。

それにそもそも主要産業がヘコんだら、結果「鎖国」状態の日本は農業に集中して、産物はますます安くなる。余りまくった産物は腐らせるしかないし、しまいにゃ人口流出ってことになりかねない。しかもその流出は若い世代だから、ほっとくと2人に1人が老人、いや老人しかいない国になるなんつー信じられん時代が来てしまう。

結局、どっちに転んでも最悪っつーことですな。

さ、ここで質問です。あなたはある村の村長です。村民は100人で49人のA地区と51人のB地区があります。Aは比較的高齢で平均年齢50才、B地区は40才。

どっちかの地区を鬼に差し出さねばなりません。勿論差し出した地区の村民は食われてしまいますが、その後の安全が保証されます。

どーする?

おすすめ

関連記事

no image

ニャンコ先生とウニ釜めし

 ウニ丼だけは食わねば、と探したけど、本場はとなりの長門市のようでなかなかない。やっと見つけた

記事を読む

no image

思ったんすが・・・

久々にコメントを戴きまして、やっぱ繋がり感じれていいですねぇ。 で、それにレスしようと思ったんだけ

記事を読む

no image

東電の接待リスト

いつか出ると思ってたけど早かったすねぇ。もう出てます。 東電会長の訪中団'01-'07のリスト

記事を読む

no image

悪と正義が、実は逆だった?

   昨日はついに更新できなかったす。結果的にこのブログを書き始めて初めてサボっちゃったわ

記事を読む

no image

凝りまくったプレゼント!

奥さんの誕生日にプレゼントした方のハナシ。 夫からのプレゼント、なんだろー? 極

記事を読む

no image

1@30

記事を読む

no image

オマーン国際空港

いー加減にせんと忘れられてしまいそうす。 なんと二週間以上も書いてないし。 色んな人のブ

記事を読む

no image

歩いた

いったい、何Km歩いたんだか。 パンフを配って歩いたんす。一軒一軒。 腰、痛ぇす。

記事を読む

no image

トレーニング

 相変わらず検査も多いけど、加えて手術に向けてのトレーニングっていうのがここのところ多い。呼吸法だの

記事を読む

no image

2007す、あおこよ!

 あけますておめれとーござんます。  除夜の鐘を西のお寺で突いて、続いて東のお寺にも、という異例のハ

記事を読む

おすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

おすすめ


follow us in feedly
  •   
PAGE TOP ↑