オリジナルとコピー:2000年1月号掲載分

公開日: : 最終更新日:2014/05/14 霧島フォーラム「狂この頃」

 世間はまさにミレニアム!と同時に新世紀へのカウントダウンもスタート。さて今月から筆者の友人である「ユキヒローター」のイラスト付きで登場する「狂この頃」。今年も頑張っていくのでご指導ご鞭撻よろしくお願いしたい。ちなみに「ユキヒローター」は仕事を募集中である。

 さて、別に2000年だからって騒ぎたくもないが、地場カルチャーも変遷、というか成長のいいきっかけにする分にはいい区切りかもしれない。「ROCKS」も新年より都城駅前に移転し、再スタートを図る。基本的に筆者が考える音楽はどちらかと言うと、いわゆる「創作」である。要するに「つくりだすもの」。それは「詩」であり、「メロディ」であり、「ステージパフォーマンス」であり、「キャラクター」である。しかし、もうひとつ存在するのが「コピー」という世界である。「カバー・バージョン」というのもあるが、それはむしろオリジナル=創作という解釈が強い。この二つの世界は同じ音楽でありながらその存在の意義は全く違う。前者はエンターティナー性が強く、自己主張が前面に出る。一方、後者は技術面、あるいは「こんな素晴らしい曲があるんだ」という伝道師的な部分がみえる。これはあくまで送り手側の価値観の相違に過ぎず、受け手にしてみればどちらも同じ音楽である。しかし、バンドを組んだりする場合、この価値観が違うと必ずと言っていい程かみ合わない。これは俗に言う「音楽性の違い」と言うヤツとは異なる質のもので、精神的・性格的な部分であるように思える。「コピー」の世界はある意味まさに「音楽」然としていると思う。伝統的なクラシックや、古典芸能はおもに既存の名作を忠実に再現したり、またはリメイクしたりして表現する。いわゆる「コピー」である。反面、「オリジナル」の場合、例えば「詩」。これはむしろ文芸の領域で、ある種「小説家」や「俳人」ともいえるだろう。さらにはステージング。ここはいわゆる「俳優」的な部分で、ステージに立つ人の個性が問われる.また、「オリジナル」を演る場合、その自己主張を受け入れてくれる相手が必要になってくる。生演奏のことを「ライヴ」と言うが、コピーの場合は「コンサート」、オリジナルの場合は「ショー」的なニュアンスがあるのではないだろうか。聞き手にとっても「卓越した技術や芸術的なアンサンブル」を求めるのか、「泣かせる詩や感動的な、またはエキサイティングなステージ」を求めるのか、で意義が変わってくるように思う。ぶっちゃけた話、どちらもあるのが一番いいんだけどね。ま、とにかくいずれにせよ、素晴らしいものをとどけるべく、頑張りたいと思う狂この頃でした。

おすすめ

関連記事

no image

ミュージック万歳!!:99年7月号掲載分

 いやー、ジメジメした季節も終わりを告げ(たはず?)、いよいよ7の月!!ノストラダムスさん、ごめんな

記事を読む

no image

倫理のデフレ:2002年5月号掲載

さて、今月も東京シリーズである。西新宿にある柏木公園の桜は、異例のスピードで開花し、翌日の暴風雨で

記事を読む

no image

アマチュアバンドコピーランキング:2000年2月号掲載分

 Kyoです。Y2K問題もライフラインを揺るがすことなく、ノストラダムスに続きほっと一息か、と思いき

記事を読む

no image

21世紀を前向きに斬る!!」:99年4月号掲載分

 年度末を迎え、新入学・新就職とフレッシュな季節となり(なんだかフツーの書き出しだなー)、五月病の発

記事を読む

no image

ジャンル:99年5月分掲載分

 みなさーん、五月病の具合はいかがですかー(^^;)。私は健康優良痔なので金欠病と恋のヤマイ以外はあ

記事を読む

no image

松井の年俸:2001年2月号掲載分

巨人・松井が5億である。イチローのメジャー行きによって、日本人最高となった。すごい世の中になったも

記事を読む

no image

便利さか?住み易さか?:2002年3月号掲載

  例によってトーキョーにいる今日この頃。それにしても、価値観の違いは凄まじい。まず家電は恐ろしく安

記事を読む

no image

「愛」は「探す、もらう」ではなく「作る、 育てる」:2000年5月号掲載分

 さてさて、いよいよGWです。黄金週間、お父様は家族サービス、彼氏は彼女にスペシャルなウィークを提供

記事を読む

no image

日本初・日本一?:2002年1月号掲載

「世界初」とか「史上初」っていう表現も好きじゃないが、もっと考えてしまうのは「世界一」とか「日本

記事を読む

no image

個性:99年11月号掲載分

 毎月〆切りがせまった頃に「やべっ」と慌てるのだが、今回はすでにキーボードに手が乗っている。なのに、

記事を読む

おすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

おすすめ


follow us in feedly
  •   
PAGE TOP ↑