21世紀を前向きに斬る!!」:99年4月号掲載分

公開日: : 最終更新日:2014/05/14 霧島フォーラム「狂この頃」

 年度末を迎え、新入学・新就職とフレッシュな季節となり(なんだかフツーの書き出しだなー)、五月病の発生する時期まではとりあえず俗世間の空元気に期待したい今日この頃(あおってんだか、さましてんだか、、、)、今月は真面目に世相を斬ってみたい!!題して、「21世紀を前向きに斬る!!」 というわけで、ノストラダムスを完全に無視してるわけだけど、とにかくここんとこレビューばっかだったのでたまには言いたいこと言わしてくれ。テーマは「都城」であーる。人口約13万人、郡部合わせて20 万のこの地域はいかに発展すべきか(おぉーっと、ホントにマジだー!!)ウェルネスをスローガンに官民協力のもと頑張ってはいるのだが、いかんせん目に見える結果がついてこない。相変わらず若者は他県へ流出し、商工業・農業・観光・文化と、起爆剤はおろかカンフル剤も見当たらない。世の中不景気と騒ぎはするが、対策という大義名分のもと、やるこた同じ金権重視、根本的な原因追求をおこたり、抜本改革とは名ばかりの……おっと、愚痴ばっかり言ってもしょうがない。とにかく、企業誘致や観光発展もいいけど、まずは若者が「この町にいたい」という町作りが大事なんではないだろうか?ただし、アミューズメント施設をつくるとか、そんなことではなくもっと精神的な部分で、である。さて、そこで事例を挙げて課題を提起したいと思う。 少年ジミーは、バンドマンである。彼は中学最後の思い出に卒業ライブを企画し、学校に体育館の使用許可を求めた。が、あえなく却下、やむを得ず某ライブハウスにスペースを移し、行動を起こした。まぁ既にこの時点で田舎独特の閉鎖的な教育現場が浮き彫りになったわけだが、却下なら却下でその理由をちゃんと説明すべきなのに、大人気無いというか、子供を舐めてるというか得意のウヤムヤ戦法炸裂である。しかも、この後ジミーたちはさらに壁にぶち当たる。そういう所(ライブハウス)に出入りしてはいけない、というのだ。 元来、6・3・3制導入後の教育機関において、クラブ活動や部活動、その他のサークル・同好会等の目的は何かというと、文部省の一方的な教育プログラムではあるが、心身ともに健全な青少年育成、バランスのとれた生活をめざすものであるはず、ま、ぶっちゃけた話、勉強ばっかじゃいかんということで存在してるわけだ。当然、音楽活動も立派な文化のひとつとしてその中にあるべきはず、なのにあるのはブラスバンド、コーラス部と相場が決まっている。近年、コンピューターを導入したとえばってる学校があるが、それはPTAの自己満足で子供は何も満足していない。そのくせ体罰とか言われるのが怖くて「げんこつ」一つもろくにできない。ある高校では毎年の文化祭でバンド演奏のための予算をたった一万円しか出さないそうである。今時めずらしいと終わらせるにはあまりにも意識が低すぎる。「いじめ」や「登校拒否」「校内暴力・家庭内暴力」と問題視されているが、起こって当然である。勿論子供にも問題はある。しかし、諭すのは親、教師の仕事であり、ひいては行政、いや国の仕事である。「無気力・無関心・無感動」が叫ばれて久しいが、これはむしろ大人に当てはまる言葉ではないだろうか。 ジミーはあきらめるしかなかった。泣くしかなかった。彼らの純粋に音楽を愛する気持ちは無残に葬られ、彼らの今後の素行がもし、非行であるとすればそれを作ったのは他ならぬ教育者である。 読者の皆さん、異論、反論なんでも待ってます。真面目に追求しましょう。

おすすめ

関連記事

no image

アマチュアバンドコピーランキング:2000年2月号掲載分

 Kyoです。Y2K問題もライフラインを揺るがすことなく、ノストラダムスに続きほっと一息か、と思いき

記事を読む

no image

刺激と魅力:2002年7月号掲載分

  この号が出る頃にはワールドカップも決勝を終え、優勝国が決まっていることだろう(多分イタリアかなぁ

記事を読む

no image

便利さか?住み易さか?:2002年3月号掲載

  例によってトーキョーにいる今日この頃。それにしても、価値観の違いは凄まじい。まず家電は恐ろしく安

記事を読む

no image

邪馬台国(邪馬壹国)は都城だった!?:2001年4月号掲載分

何年ぶりかに"興奮"という感覚を覚えた。僕は最近、それにハマってしまっている。それは昨年の11月号

記事を読む

no image

椎名林檎:2000年6月号掲載分

 さあ、梅雨ですね。じめじめじめじめじめ・・・・・。元気出していこう!今月は久しぶりにマジメにJPO

記事を読む

no image

米同時多発テロ:2001年11月号掲載分

 数え切れないほどのコラムが出回っている「同時多発テロ」。報復に疑問を唱える人も少なくないが、疑問の

記事を読む

no image

「プロ」と「アマ」への納得:2000年10月号掲載分

音楽の秋・・・とかなんとか言いながら結局音楽ネタを書く今日この頃、今回はプロとアマの違いを考えてみ

記事を読む

no image

日本人が相手なら日本語だろっ!:2002年2月号掲載

  新年あけましておめでとうございます。といっても皆さんのお目にかかる頃は月末でしょうけど・・。何は

記事を読む

no image

代償がなければ恋ではない:2000年4月号掲載分

 フレッシュマンという言葉が聞こえてくる季節になりました。別れが終わったかと思うと今度は出会い。出会

記事を読む

no image

個性:99年11月号掲載分

 毎月〆切りがせまった頃に「やべっ」と慌てるのだが、今回はすでにキーボードに手が乗っている。なのに、

記事を読む

おすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

おすすめ


follow us in feedly
  •   
PAGE TOP ↑