番組打ち切りの理由 1

公開日: : 最終更新日:2014/06/06 つぶやきいも

 残念なお知らせをしなければなりません。3週間にわたり休止していたシティエフエム都城の「つぶやきいも」、ならびに「ROCKS」は、本日正式に打ち切りが決定いたしました。

 長い間ご愛聴頂いたみなさまには感謝を申し上げると共に、私の力不足をお詫びいたします。ありがとうございました。そしてごめんなさい。

 この3週間は事態の変遷を見守るため、休止の理由等にも触れることができませんでしたが、打ち切りの正式決定を受けて、ご説明できる運びとなりましたので、経緯を書いていきたいと思います。

 元々私は音楽分野を得意としていますので、本来であれば音楽番組をやりたいというのが願望でしたが、シティエフエムの番組ラインナップを見たときにいわゆる社会的なもの、時事を取り扱うものが皆無であることに違和感を持っていたこともあり、「やりたい」より「やるべき」を優先したのが企画の始まりでした。

 2001年の開局前、私は局の採用試験で不採用だったのですが、都城市民に届けるべきプログラムをやりたい一心で、2004年に自主制作番組を持ち込みました。TONERADIOという番組で、これは都城の音、つまり「都音」と「ラジオ」を組み合わせた名前で、音楽の地産地消を目指したものでした。

tone_2

 自主制作ですので、一月に12万円の放送料を工面しなければならず、同士数人と共に12社のスポンサーを探し(一部自腹)、提案、契約、毎月の集金、そして企画、収録、CMの製作、編集までを完全パッケージして、毎週局に持ち込み、これを一年間続けました。

 当然、利益等はないわけですので完全にボランティアだったわけですが、意義のあることをできている、という実感から続けることができました。しかしそれも一年後にはスポンサーの維持、毎週の収録等を続けるのに、ボランティアでは限界が来てしまい、やむを得ず2年目の継続契約を見送りました。

 それから5年以上経過する中で、やはり地元のラジオ番組の内容に物足りなさを感じ、再び企画を持ち込むことを決意しました。物足りなさというのは、まず文化面で、地域で頑張り続けているアーティストやその作品に目を向けることがなく、中央でやっているような(無難な)番組の模倣がほとんどであることや、音楽番組にしてもジャンルを満遍なく網羅することもなく、特に報道という性質が皆無であること、などでした。

 ただ、それらのことが局にとって利益をもたらすことに大きく貢献することではないことも承知していましたが、長いスパン(10~20年)で未来を見据えたときには、絶対的に広い視野やクオリティの向上は必要であると考えれば、やはり外部からの変革が必要だと考えました。

 それらを企画書にしたため、局に提出したのが2011年の冬でした。当時、私の親友であり、音楽仲間である「タカオ・シン」がやっていた番組は、局のプログラムの中でも群を抜いて痛快な番組(そういういい番組は得てしてクレームも多いのが常ですが・・・)を展開していて、彼と双璧の番組をできればという思いもありました。

 結局企画書が上層部のテーブルに乗ったのはそれから数ヵ月後で、番組のスタートはタカオの番組の打ち切りと挿げ替えて、という、なにやら不穏な流れとなってしまいました。

 とにもかくにも、2011年の10月7日に「つぶやきいも」はスタートしました。ツイッターやフェイスブック等のSNSを連動させるという、局では初の試み(といっても都心ではすでに始まっていましたが・・・)をしたり、ユーストリーム等の映像配信も同時進行するなど、局からすれば不安で(できればそういう前例のないことはやって欲しくない)仕方ないことも、強行させて頂きました。

 番組打ち切りの理由2ヘ続く

おすすめ

関連記事

no image

ちはるさんを前面に出してほしい!

本日も「ご意見特集」10回目でございます。まぁ結構あるもんですね。これは類似件数合わせて4件頂いてい

記事を読む

Radio Star

都会の放送ぶってるのか!

残り少なくなってきた「ご意見特集」16回目です。 >「都会の放送ぶってるのか!」  ご意

記事を読む

no image

諸県弁で話して欲しい!

本日も「ご意見特集」9回目でございます。これも類似件数合わせて5件頂きました。 「もっと諸県弁

記事を読む

crucified-117

番組打ち切りの理由 4

 果たして厳しい意見が飛び交ったようで、これを受けて局内で検討をすることになり、連絡を待つことになり

記事を読む

no image

放送局が一番力をいれなければならない時間帯の放送がこれかい!

 本日も「ご意見特集」15回目です。先日の反論に対して返答を待っているのですがこないので続編を書こう

記事を読む

no image

終わったイベントの告知をしないでほしい

 昨日に引き続き類似件数合わせて17件頂いたのがこちら。 「再放送の時、終わっているようなイベント

記事を読む

no image

誰がディレクターをしているのか!

本日は先日書いた記事「都城市の新しい夜明け、「ぼんち対抗うた合戦!」でしたよ。」に反論を頂いたのでそ

記事を読む

no image

必要な番組か?

 類似件数合わせて16件も頂いたのがこれです。 「インターネット・サイトを読むような番組が、コ

記事を読む

no image

月曜日の再放送をやめてほしい

 「つぶやきいも」に寄せられたご意見・お問い合わせを少しずつご紹介していきます。まずは類似含

記事を読む

no image

なんで音楽を流さないのか!

「ご意見特集」5回目でございます。今日は類似件数合わせて9件頂きました。 「なんで音楽を流さないの

記事を読む

おすすめ

Comment

  1. Steven より:

    We hope that you will be able to come up with a new channel to pass your music through. http://www.whizzacademics.com is always behind you.

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

おすすめ


follow us in feedly
  •   
PAGE TOP ↑