国歌斉唱時の起立

公開日: : 最終更新日:2014/05/14 ブログ, 社会問題

国歌斉唱が必要か否か、これを議論しても仕方ない気がする。用は国歌の問題じゃなくて社会性や協調性の問題であって、例えば世の中の人がまったく挨拶をせず、愛想を強制的に禁止したらどうなるか、という問題だと思うんだな。

学生時代に学生服が必要か否か、みたいなのと同じ・・・というと、「じゃ国歌斉唱も無くても問題ないじゃん」となるかと言うと、これは論外。

僕らはいわゆる「戦争を知らない」世代だから、「知ってる世代」とは随分違うだろうけど、今の若い人たちや、ましてや子供達ともすげぇ違いがある。

単に時代の流れ、ではすまない危惧がそこにはある。

学校は、子供達が単に知識を学ぶところじゃないわけだし、全校生徒、あるいは一学年、またはクラス、男子女子、仲良しグループなど、様々な大小のコミュニティの中で「社会」を学んでいく。そこれはあたかも人生のシミュレーションとでも言えるようなものが散りばめられている。

同級生との会話は、将来の「同僚との会話」の貴重な訓練だし、先輩や先生との関係は、将来の組織内での軋轢・しがらみとの戦いの前哨戦でもある。逆に異性や下級生との交流はまさに人間性の修練の場だろう。

それを踏まえて、清掃の時間に自分だけサボっても誰にも叱られないとしたら、それは学校の機能を果たしていないと言える。

清掃の時間にサボることが犯罪かと言えばそうじゃないし、国歌斉唱で起立しないことが犯罪かと言えば、そうじゃない。

つまり完全にモラルの問題だ。そしてモラルを法制化しなければならないほど、社会が悲しくも危険な状態になっているということだ。

橋下氏がどれだけ苦渋の決断をしたかは、想像に難くない。

だが、これはある意味で全国民、老若男女がもっと真剣に物事を考えるための、いい試金石かもしれない。

是か非かは別として、一つの自治体で国歌斉唱時の起立を義務化して、いったいどうなるのか、これを見てみたい気がする。そういう意味では、「賛成」というよりも「一回やってみて」的な意味で見てみたいのだ。

 

おすすめ

関連記事

no image

ヨメと離れて

ヨメがシドニーに行って早10日です。そろそろシナビかかってるボクですが、便利なもんでスカイプってのが

記事を読む

no image

なんだかんだで6ヶ月

 最近更新してないね、とよく言われてます。なかには「何かあったのか」と、ご心配かけてしまっ

記事を読む

no image

誰も気づいてくれん・・・

この非常時に出費がかさみ過ぎ。 水道管が漏れてるらしくてすげぇ請求が来たので修理を依頼してまた

記事を読む

no image

R2が出演

 15日にセンターモール前の歩行者天国で行われる父の日イベントに出演予定のR2の練習は、もう後がな

記事を読む

no image

2/14

記事を読む

no image

■昔の恋人とバッタリ、出会ってしまってワンワンワワン。

  前回の記事の続編的なことになるけども、付き合っていた、あるいは結婚していた男女の別れた

記事を読む

no image

ここんとこのケータイ事情

iPhoneに先を越されたスマートフォン市場も、各社出揃っていよいよ移行が本格的になってきた。2

記事を読む

no image

ツリー

記事を読む

no image

B型はホントにテキトーか?

   「自分の説明書」は500万部売れたらしい。B型は155万部、A型は125万部、O型が

記事を読む

no image

スーパースイーツ

 プロデューサーのおちまさと氏によれば、スーパーモデルという表現があるのだから、極上なスイーツは「ス

記事を読む

おすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

おすすめ


follow us in feedly
  •   
PAGE TOP ↑