日向三代墓石の謎

公開日: : 最終更新日:2014/04/09 謎を追え!, 都城愛

測量の歴史は古代エジプトに遡るらしいが、日本では1800年に伊能忠敬が日本地図作成のため行ったのが始まりとされる。いずれにせよ、経度・緯度と言う概念は比較的新しいものであることは間違いない。

しかーし!おそるべき事実がこの都城市中心にあることを本日は書くぞ、的な。

ご存知初代天皇の神武。その父は鸕鶿草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)。墓石は鹿児島県鹿屋市にある吾平山上陵で、座標(緯度,経度)は31.28,130.91。地図で言うと

次に霊峰霧島山、座標(緯度,経度):31.88,130.91。地図は

続きまして神武の祖父でウガヤの父、火遠理命(ホオリノミコト)、別名山幸彦の墓は、鹿児島県霧島市にある高屋山上陵で、座標(緯度,経度):31.82,130.69。地図は

更に、神武の曽祖父でウガヤの祖父、ホオリの父である邇邇芸命(ににぎのみこと)の墓は、鹿児島県薩摩川内市の新田神社境内にある可愛山陵で、座標(緯度,経度):31.82,130.29。地図は

ちなみに系図を簡単に示すと

すでに気付いた人もいるでしょうが、とりあえずこの4点を一枚の地図で表すと、

いかがですか?紀元前に緯度・経度などの概念があったとはとても思えないし、あったにしてもどうやって測量したのか、その装置は?

ちなみに縦横二つの線が交差するのは、吉ノ元小学校の裏にある「荒武神社」という全く無名な神社ですが・・・。

おすすめ

関連記事

某公民館疑惑vol.4(連絡来ました)

 なんと、建築課のN氏よりもう連絡来ました。予想だにしないすばやい反応。しかも現地調査までされたとの

記事を読む

no image

■ちんがら問題の収束に向け、FBI,CSI,CTU,CIA,KGB,MI-6が総力を挙げて・・・調査に乗り出すわきゃねーだろ!

ボク自身のまわりでも「ちんがら」論争が勃発しとりまして、こりゃ決着が必要かと、いうことなんですけ

記事を読む

no image

こけこんけ!

日曜日でしたね。おお、久々にいい天気と思ったら夕方にやっぱり降るし。 本屋さんに行って、なんか方言

記事を読む

no image

海外移住シリーズ05

2/22のニュージーランドの地震の2日前、ニュージーランドスチュアート島にゴンドウクジラ107頭が座

記事を読む

no image

昔は長寿だった?

昨日の記事に「こんなの大好き。」さんから >むかしの人は >みんな平気で >

記事を読む

no image

バチカンも認めた2012?

  都城界隈にキリスト教信者がどれくらいいらっしゃるかわかりませんが、聖母マリア様が出現し

記事を読む

0-91

講師もいろいろ

最近、講習とかセミナーづいてまして。と言っても違反者講習とかもあるんですがね。 で、講師のスキ

記事を読む

no image

けったびら・・・ち?

2:40です、デンマーク戦に備えて早く寝てた僕です(しゅんちゃん風)。 はい、ではテキスト開い

記事を読む

no image

楽しんでやる趣味が減ってきてる・・・

サッカージャーナリストの小澤一郎氏(名前が紛らわしいが)が、こんなことを言っていた。 「サッカ

記事を読む

no image

■リアクションありがたや。

  昨日の記事の内容にhassyさんからリアクション頂きまして、ありがとうございました。 

記事を読む

おすすめ

Comment

  1. waioi_comment_post より:

    flassco mayuko
    2010/07/06 04:30
    何か…すごいっ!
    荒武神社、何かがありそうですね。

    今『鋼の錬金術師』(漫画・アニメ)を見てまして…(笑)
    錬成陣を連想させました!
    yumi/takashi
    2010/07/06 20:47
    こんばんわ takashi です。

    荒武神社・・・何かありますね!

    都城の神社の位置も何かの形に
    なるんじゃなかったでしたっけ??
    狂咲 狂
    2010/07/07 02:11
    >flassco mayuko
    近いうち行ってみようと思ってます、荒武神社。
     ツアー組んだりして。

    >takashi
     そーでした。それに次の記事で触れてみます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

おすすめ


follow us in feedly
  •   
PAGE TOP ↑