家でDVD

公開日: : 最終更新日:2014/05/14 ブログ

 20世紀FOXがコンビ二限定でDVDを買った客向けのキャンペーンをしている。『史上最大の作戦』と銘打ち、ニンテンドーDS Liteが500名、その他にもiPod nanoやホームシアターセット、ペア映画鑑賞券1年分・3年分なんてのもあるが、結構そそるのが「安めぐみと観る試写会」だと?か、買うか・・・。

 そりゃさておき、ボクは映画が苦手である。家でDVDを見たほうがはるかにいい。理由はいくつかあるが、まず一時停止、つまりポーズボタンが効かない、つーか無い、ところだ。トイレに行ったり、電話がかかってきたり、たばこに火を付けたり、ビールを開けたり、誰かと話したり、そんなモロモロのことが一切できないのだ。
 勿論、映画館の迫力はわかる。でも5.1chサラウンドの大画面またはプロジェクター投影のスクリーンで見れば問題ない。
 第一たばこが吸えないのは致命傷だし、お菓子ポリポリやら、屁ぇこいたりとか、ビールをゴクッとしたあとの「ぅんぁ~っ」も言えない。つまり知らない第三者がいることで色んな制限があるからだ。
 ボクの場合、首・肩・腰・足と色々問題があるから、キチンと座っていることさえツラいのだが、家ならこたつで横になって見れる。

 そして最大の利点は操作ができることだ。巻き戻して再確認したいセリフや目玉シーンを見たりできるのし、字幕を出したまま日本語音声を聞くなんてこともできる。2種類の日本語を目と耳で別々に捉えるワケだが、これが実は意外な効果を生む。

 多少難解な作品になると、一度見たぐらいでは作品の本質を捉えられないことがある。クライマックスの伏線があらゆるところに貼られていても、それを細かいニュアンスで見逃すことは多々ある。

 2種類の日本語はかなりの表現の差がある。音声の方は、役者の口の動きに合わせる為、はしょったり付け加えたりしていて、本来のセリフの持つ意味を入れられなかったりしている。その分雰囲気は醸し出せる利点はあるけども。一方翻訳の方は、口の動きを意識しなくていい分、詳しく訳してある。

 2種類の日本語でDVDを見ると、作品の伏線が驚くほど鮮明になる、ということだ。

おすすめ

関連記事

no image

泉ヶ丘!

 マジ勝っちゃった。マジすか!スゲー!

記事を読む

no image

ライブッ=3

首と、肩と、背中と腰、それから股関節と、左足のすね、が、痛ぇす。 もーこれは死ぬまで付き合って

記事を読む

no image

1@24

記事を読む

no image

甲子園おめ!

 何はともあれ、出場おめでとう。まさか自分の母校が甲子園に行くとは。高校時代には思いもよらなかった

記事を読む

no image

プレゼントもろたす。

記事を読む

no image

コーヒー店の味を家庭で

   ボクはかなりのコーヒー好きで、缶コーヒーに至っては利きコーヒーができるんじゃないかっ

記事を読む

no image

せみの羽化

記事を読む

no image

コール

2002年米映画。出演がかなり豪華だった。シャーリーズ・セロン、ダコタ・ファニング、ケヴィン・ベーコ

記事を読む

no image

そろそろ大洪水の季節・・・?

   前略、いつもコメントくださる皆様、ホントにありがとうございます。マジはげみになります

記事を読む

no image

リサイクルされてない?ウソぉ!

   世界的な経済不況で、派遣切りはおろか、正社員や公務員までもがリストラの対象になってい

記事を読む

おすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

おすすめ


follow us in feedly
  •   
PAGE TOP ↑