田中まこと:99年3月号掲載分

公開日: : 最終更新日:2014/04/09 霧島フォーラムアーティスト紹介

 世はまさにライジング系(アムロとか、SPEED,MAX等)、ビジュアル系(ラルク、Luna Sea、シャズナ等)、企画物(ポケビ、サムエル、モニ娘等)がチャートを独占して時代の流れを反映している昨今ですが、某ギョーカイ人や某有名ミュージシャンの話を総合すると、チャートの流れは半年も前から予想され、その予想はほぼ100%その通りになるんだそうな。勿論、そのきっかけになる仕掛け人やアーティストがいてこその話なんだけど………。で、今年はどーなるんだっつーと、R&B、アコースティック、ノンビジュアルといったところだそうだ。R&Bに関しては去年ミーシャが当たったし、今年も椎名林檎や宇多田ヒカルがすでにブレイクしてるから別にそんな大した予想でもないと思うし、ノンビジュアルっつったって「メイクしてねー」っつーだけで特に傾向の説明はない。アコースティックにしたつて、去年からゆずとか、Kiroroが当たってんだから当たり前といえば当たり前なんだけどねぇ。でも、逆の言い方をすればライジング系とか、ビジュアル系、企画物は消えるって事なのかと言うと「淘汰されて生き残ったものは呼び名も変わっていく」ということだそうで、これまたうまい言い方だけどうーむ、なるほど、確かに小室哲也とか、伊秩弘将、つんく、という名前が残るだけで10年後に歌い手さんの名前が残ってるか?というとギモンだけどねぇ。(そーいえばB’zとかZARDなんかビーイング系とかって言ってたな)ま、そんなわけで今回筆者が取り上げたいのは「アコースティック」である。クラプトンのアンプラグド以来、猫も杓子もアンプラグドという時期があったけど、20年前のフォーク全盛以来のブレイク感もありそな気はする。リズムマシンやシーケンサーが発達して、生のギターやピアノがクローズアップされることは多々あったけどブレイクとまでいってないのが現状で、チャート内ではやはりゆず・Kiroroに期待したいところだが、全国津々浦々のライブハウスではそれはもう質の高いアコースティック・サウンドが繰り広げられているのである。以前紹介したSWEETSしかり、伊太地山伝兵衛しかり、である。ただ、バンド以上に難しいのもアコースティックであり、なにしろごまかしは全然きかない、それこそ実力の世界だからもー大変。しかし、そんな中でもちゃんと金払ってもそれ以上の価値があるアコギ弾きをご紹介したい。「田中まこと」62年宮城県生まれ、ギターを独学でマスター。ブルースやトラディショナル音楽の混合という意味の「パラダイス・ヴァレー」をテーマに日本各地や海外での活動を続けている。平行してハーピスト八木のぶおを始め、田中ミチアキ、藤井康一、篠原信彦などとセッションライブを展開。最近は憂歌団の木村充揮、有山じゅんじとのライブもおこなっている。95年1st「GOOD ROCKIN’」をリリース。ニューオーリンズ系、ブルース系のミュージシャンを中心に絶大な支持と反響を得る。98年7月2nd「ティン・ルーフ・バー」リリース。パッと見、気さくなサーファー兄ちゃん、といつた感じの風貌だが独特の低音ハスキー、バックバンドがいるのかと錯覚してしまうその圧倒的なギター・センス、選曲もニクイ演出で、みんなが知ってるナンバーも多い。さて、3月3日ひな祭りの日はその「田中まこと」のライブがROCKSで行われる。ギタリストは勿論、全ての音楽ファンが楽しめるとはまさにこんなライブのことを言うのだろう。ビ-ルをうまくするのは黒生でも、地ビールでもなくこんなアコースティックなライブが一番だと筆者は思う。ちなみに当日サポートを務めるのは「都城のゆず」と呼び声の高い?ぽんかん、そして、地元を代表するブルースチーム”MAST”。とにかく大人の楽しめるライブです。 さて、もうひとつ貴重なライブをご紹介しよう。こちらはロックファン必見!!「CHARISMA(カリスマ)」ライブである。昨年11月に都城初ライブを行った彼らがはやくも登場。べーシストの交代などに見まわれながらも、精力的に全国をツアーしている。今回はまさにロックずくめのイベントである。サポートに宮崎からサーベル(九州を中心に幅広いライブ活動を続け、時代とともに成長、キャリアを重ねている。)、サブ・ソニック(ブ厚い音とその雄雄しさとは裏腹な見事なハーモニー、2作目のCDもリリース)、そしてわが都城からはご存知Guys As Dollsとおいしすぎるライブ。ロックファンを自負するならこのライブを見ずして何も語れまい。別名「音のドラッグ」、又の名を「ヘッドバング大会」。自分でロックバンドやっている人は勿論、これがロックの生音だ!という音を体験できることうけあい、さらに、自分たちの今の音・レベルを考えさせられてしまうかも、、、、、、と、いうわけで3月7日(日)18:00SHOUTだ!!  さて、今月もプレゼントだぞーん。「田中まこと」3月3日(水)19:00 ROCKS ………ペアで2組「CHARISMA(カリスマ)」3月7日(日)18:00 ROCKS………5名様必ずこのコーナーの感想・とりあげて欲しいテーマを添えて応募して下さい。取りにこれる方に限ります。

おすすめ

関連記事

no image

TMF都城勢はいかに!:98年11月号掲載分

 よばれてとびでてジャジャジャジャ~ン(呼ばれてないけど)!さー今月から始まったこのコーナー(かって

記事を読む

no image

「DUST」「SWEETS」:99年1月号掲載分

 師走でごわす。しかも大詰め、今回のレビューは、「DUST」、「SWEETS」をおおくりしましょう。

記事を読む

no image

ウエルネス音楽祭実行委員会:2000年7月号掲載分

おーい、いい加減にしてくれってな感じの梅雨もこれが出る頃には去ってくれてるだろうか。さて、最近筆者は

記事を読む

no image

20世紀最後のティーンズ:2000年8月号掲載分

いやぁ、ぎりぎりセーフで、テイーンズの報告が間に合った。今年は、だいぶ前から曲の製作に取り掛かってい

記事を読む

no image

THE MODS:99年2月号掲載分

 さてさて20世紀もいよいよオーラス、まずは「THE MODS」のレビューからお届けしたい。12/4

記事を読む

no image

「ROCKS」閉店:2001年5月号掲載分

ライブハウス「ROCKS」が閉店した。世相か景気か、ともかく5年3ヶ月の歴史に幕を閉じた。場所は5

記事を読む

no image

Guys As Dollsがついに解散。:99年6月号掲載分

 先月号でお知らせしたように、都城アマチュアミュージック・シーンを引っ張ってきたGuys As Do

記事を読む

no image

レベルがあがった、都城ティーンズ:99年9月号掲載分

 旧暦でいえば7の月は8/12~9/11らしい。あと2週間はノスちゃんにつきあわねば、、、、、、、う

記事を読む

no image

GUYS、全国大会へ:98年12月号掲載分

 1ヶ月のご無沙汰でこざいます。夜型の筆者にとっては寒さがこたえる季節になってまいりましたが、皆様風

記事を読む

no image

CHERRY FEEL

 東京で活動しているバンドCHERRY FEELのあきひとくんから久々に電話があった。2月にシングル

記事を読む

おすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

おすすめ


follow us in feedly
  •   
PAGE TOP ↑